2017年11月22日

メイドインアビス



面白い面白いと聞いていたが疑っていた。
キャラクターの絵柄で損しているとも聞いていたが、そうだろうと信じて見ていなかった。
さらに私は縦穴に潜るだけのこのアニメの世界観を狭いと決めつけていた。

度し難い、阿呆だった。

見た。
世界は広かった。
そして、残酷で優しかった。

アビスには呪いがある。
アビス下底部からの上昇を試みる探窟家は「上昇負荷」、あるいは「アビスの呪い」と呼ばれる事象の影響を受ける[3]。比較的浅い深度においては、上昇負荷の影響は軽い目まいや吐き気などに留まるが深層に行くほど帰路にかかる負荷は重く激しいものになり、七層以深において上昇負荷は探窟家に「確実な死」をもたらす[3]。上昇負荷には「呪い」の効果に隠れているが「祝福」と呼ばれる効果があり、何らかの方法で「呪い」を回避すると、新たな感覚の獲得や肉体の強化(獣化)、不老不死、「呪い」の軽減など探窟を進める上で有利に働く変化を得られる。


この呪いが厄介で、高々十メートルの上昇でも、深海四層では身体中の穴から流血してしまう。
そこで主人公のリコは重傷を負ってしまう。
仲間に右手の切断を願ったりする。
彼らを助けたのは、獣人のような外見のナナチである。
詳しくは書かないけど、このナナチが愛くるしくて泣ける。
声優さんの演技力が本当にすごいと思った。


この作品の世界観は絶望が支配している。
アビスとは底の知れない深い穴、深い底、混沌(こんとん)、地獄、奈落の底という意味がある。
しかし、タイトルはメイドインアビスだ。
人間がアビスをよりよくしようと戦い、環境に一部改善している。
そして、そこに挑む者たちはアビスに魅了されている。
地獄だなんて欠片も思っていない。
止められない憧れに突き動かされているのだ。

作品を作るものとして、世界観の悲愴さとキャラのプラスの感情の対比には学ぶことが多かった。

ぜひ、見て欲しい。

posted by 柚木郁人 at 12:14| Comment(1) | アニメ

2017年10月11日

愛娘譲渡




本日、発売になります。
よろしくお願いします。

今回の作品のテーマは、まさにタイトルにもあるように愛娘譲渡です。

今まで父親とか早々に亡き者にして、
母娘にフォーカスを当ててきましたが、今回は官能界の禁忌と言われる父娘物です。

養父と娘というオブラートに包んだ相姦物を数多く書いてきましたが、
今回はガチに血の繋がりがある実父と娘です。

近親相姦物は自分の娘を想像してきついっすという方もいると思いますが、
私はあえて言いたいです。

新しい扉を開いちゃいなよ。
posted by 柚木郁人 at 12:32| Comment(7) | 著作

2017年09月29日

無礼と疚しさ

写真を見せるために携帯ごと渡したら当たり前のように他の写真もスクロールして見ちゃう人http://www.scienceplus2ch.com/archives/5439258.html

これって私もされた経験があります。
まさか、そんなことを平然とする人がいるとは夢にも思いませんので、
驚いたものですが、割合的には多いですね。
どういうつもりで彼らが、他の写真を見ようとするのかわかりません。

ただ、家に人を呼んだときに本や卒業アルバムを勝手に見られるのは、個人的にはセーフです。
ですが、勝手に押し入れを開けたり、寝室に入るのはNGです。
まぁ、なぜかというと、押し入れの中にはセーラー服が隠されているからなんですけどね。
ようするに疚しいわけですよ。

でも、iPhoneの写真のなかに怪しい画像など入れてないのに、
勝手に見られたくないと思う感情は何なんでしょうか?
posted by 柚木郁人 at 11:26| Comment(4) | 日記

2017年09月20日

奴隷契約 恥辱の女体化ペット




奴隷契約 恥辱の女体化ペットがどんな作品かと言うと、
小金井作品において、すでに様式美とも言える悪徳な母娘が、美少年を女体化調教する話です。
安心してください。
いつもと同じクオリティです!
ワクワクしながら読みました。
まず、冒頭の美少年の日常が活き活きしてればしているほど、
今後の悲惨な運命が待ち構えていることを想像させてくれます。
本当、凌辱小説において日常って必要だと思います。
そこでヒロイン(男の娘の場合はなんて言えば良いんだろう?)の自己紹介ができるわけですからね。
今作ではスポーツも得意な美少年という紹介がされているわけです。
そこで驚きだったのが、サッカーシーンをあんなに書いていることでした。
もしかして小金井さんもサッカーが好きなんでしょうか?

そして、エロシーンに突入してからは怒濤のエロラッシュ!
このエロの割合と展開力は私も学ばなくてはなりません。
私は好きなことだけをしたいという悪癖があるので……気をつけねば!

話を本題に戻します。
今作の目玉は、学校で受け入れられるところにあります。
いつも女体化された主人公が、女子生徒として受け入れられるのですが、
今回はその受け入れ方の解釈を180度変えてきていますね。


あと、50ページくらい多く読んでみたかったです。
posted by 柚木郁人 at 11:03| Comment(4) | 本の紹介

2017年08月23日

緒奈もえさんのサイン会あるよ




新しいポーズブックが出ます。
今回のモデルは緒奈もえさん。
八頭身のスレンダーボディの持ち主です。
表紙を見てくれるとわかりますが、手足がすごく長く、顔がとっても小さい。
まるでバレーボールの選手のようです。

しかし、表紙がいいですよね。
ガンツスーツがすごく似合いそうです。
あと、股間を隠しているところも想像力が掻き立てられます。
こんなことを書くと変態と思われそうで怖いのですが、
ほら、ひょっとしたら美少年が、強制性転換させられたかもしれないじゃん!
チ×ポがあるかもしれないじゃん!




サイン会情報

ブックタワー(秋葉原) 9F
2017年08月26日(土) 17:00〜

色々な特典とか情報があります。
https://www.shosen.co.jp/event/58802/

ポーズブックが28日に発売となっているので、実質早売りです。
お得です。
posted by 柚木郁人 at 09:50| Comment(0) | 本の紹介