2019年05月20日

歩道

本来、歩道は自転車が走る場所ではありません。
それでも、爆走するチャリの多いこと多いこと……
今日も橋のところで爺さんが一人で自爆していた。
何があったかわからないけど、とにかく橋の付近は危険がいっぱいです。
電動自転車を駆るママさんたちには狂気さえ感じる。ゆとりを持って行動しろよ。

また、自転車で歩道を通るならゆっくりと通るべきだ。
スマホをやりながらとか、イヤフォンをつけての運転は論外。
今日まで事故らなかったからって、これから事故らない保証はどこにもない。
警察にはもっと取り締まって欲しい。

だからって車道での逆走はやめてください。マジで怖いから。


みんな、徒歩や自転車や自動車を使って、それぞれの視点を持つべきだと思う。
それでもダメな奴が多そうだけど……

自転車も免許制にしてもいいと思う。本当に。
posted by 柚木郁人 at 11:53| Comment(0) | 熱風、疾風、自転車部

2019年05月18日

橘さん



橘さんに色々と言いたいことがありますが、一言だけ。
風貌がヤバいっす。
posted by 柚木郁人 at 13:35| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2019年05月16日

ナイキ

ナイキの靴を約五年ぶりに買いました。


DSCF9183
ナイキ ズーム ペガサス ターボ
加速力抜群の反発力

ナイキ ズーム ペガサス ターボは、高い人気を誇るペガサスシューズを、スピードを追求したデザインで大幅にアップグレード。羽のように軽いアッパーがスピード感あふれるビジュアルを演出し、Breaking 2プロジェクト内でNikeトップランナーのためにデザインされた革新的なNike ZoomXフォームが、毎日のトレーニングランに記録破りのスピードと反発力をもたらします。

究極の反発力
Nikeがケニアのトップマラソンランナーの協力を得て開発したNike Zoom Xフォームが、Nike史上最も高いエネルギーリターン率を実現。勢いを増した反発力が、踏み出すたびに足裏にダイレクトに伝わります。

確かなフィット感
強度抜群のFlywireケーブルがシューレースと連動し、足の中央部と土踏まずを包み込むようにフィット。サポート力を調節してぴったりとした履き心地を提供します。

軽くて快適
トランスルーセントの素材を使ったアッパーが、静止していても躍動感あふれるビジュアルを演出し、抜群に軽い履き心地を実現。かかと側の履き口は先端が細く、アキレス腱に接触しないデザインのため、距離を重ねても快適に走り続けることができます。

詳細
傾斜したヒールとラバーアウトソールのストリップが、着地を最適な位置へ導き、スムーズな移動をサポート
靴底の一部に配した厚みのあるラバーがトラクションを発揮
重量:約193g (ウィメンズサイズ25cm)
オフセット:10mm
表示カラー: ティールティント/レッドオービット/オフホワイト/ブルーボイド
スタイル: AJ4115-301
原産地: 中国



確かにフィット感が良くて、歩いたときの反発も柔らかくて驚きました。
しかも、軽いです!
知らない間に靴自体がかなり進化しています。

まぁ、そんなのはどうでもよくて、本当にやりたかったのは物撮りです。
ナイキって靴の中の色がいいんです。外と中のコントラストがとても調和が取れています。
夕陽があたる玄関に置いていると、靴の中の赤色が透けて見えて綺麗なんです。
だけど、靴を履くとそれが見えなくなってしまいます。それでも、そういうところに拘るところが巨大メーカーのなかでも特に支持されているところだと思います。

で、物撮りの話に戻るんですけど、けっこうLightroomで加工しています。
写真なんてJPEG出しでいいんだよと思っていたのですが、画像加工は化粧みたいなもんやでという話を聞き、なるほどなるほどと思いました。
posted by 柚木郁人 at 14:09| Comment(0) | STOP!! 浪費

2019年05月14日

すいません

DSCF9166
昨日は暑かったです。
これからそういう日が増えるのかと辟易としていたら、今日はやや肌寒さを感じます。
雨が降らなかったら、埼玉のほうまでロングライドしようと思っていたのに残念です。



さて、今日は昨日の失敗を話そうと思います。

打合せで神保町にいたアタイは、人情派編集とランチに行きました。
人気のある沖縄料理屋にしました。
この店はもともと興味があり、何度か来たことがあるのですが、ことごとく入ることができませんでした。
そんなわけで初めて店の中に入ることができました。

見た目はおっさん、頭脳は子供の私は喜び勇んで、店内に入り込みました。土足で!
でも、二歩歩いて気づきました。
視界の隅に見えるのは靴箱ではないかと!
そのとき、店員もやってきたので、私は慌てて、「すいません、すいません」って謝りました。
しかし、店員さんの角度からは私が土足であがっているのが見えてません。
店員さんは、怪訝な顔をしながらも、「おタバコを吸いますか?」と訊ねられたので、私は言いましたね。
「すいません。すいません」と。




さらに店員さんの顔が怪訝になるのを、私は忘れられませんでした。


どうして、土足で上がったのでしょうか?
人生でこんなの初めてです。
(別パターンでおかしいことはしばしば)
頭がおかしいとしか思えません。






ちなみにソーキ蕎麦はとても美味しかったです。また、行きます。


おれ、くつ、ぬぐ、おぼえた。
posted by 柚木郁人 at 15:49| Comment(0) | 東京漫録

2019年05月13日

そんなドラマいらない

なんで、3-0から逆転負けを食らうかなぁ?
しかも、バルサもアヤックスも!
信じられない。


バルサ対アヤックスのクライフダービーを決勝で見たかった。





来期のバルサに期待。
ジダンが戻ってきたマドリーも面白そう。
ライバルが弱いのは面白くないどころか、物寂しささえある。
posted by 柚木郁人 at 11:21| Comment(0) | サッカー・フットサル