2018年12月11日

一人で四人席を使うな!

私の巣(お気に入りの仕事場カフェのこと)がリニューアルオープンした。
喫煙スペースが地下に移動して、その空間の壁が外されて開放的になった。
(喫煙者の受難には同情する。喫煙スペースがかなり縮小された)

私がこのカフェで巣ごもりしている理由は机が広いからだ。
ノートパソコン、WiMAX、携帯電話を横に並べても大丈夫なほどスペースがある。
ノートパソコンの後ろにコーヒーを置いても溢すことはない。
東京にはこういった大きい机を用意してくれる店はそうそうない。

しかし、リニューアルオープンによって欠点もできてしまった。
まずは二階にもあったトイレが取り除かれてしまった。その結果、トイレは地下だけになった。
ウンチ野郎の私が、わざわざ地下まで降りなくてはならない。
降りたとしても確実にトイレが空いている可能性もない。これは本当に困る。

そして、もう一つ困るのは、その大きい机をくっつけて四人席にする奴らだ。
三人以上で使うならわかるけど、自分の荷物を机の上に広げて、一人で使うやつはどうかしている。
(大学生が多い。きっと田舎者だろう)
いや、本当に頭がどうかしていると思う。
というのも、正午になるとリーマンが昼休憩でやってきて、店内は混雑する。
それを見ても、四人席を一人で使うやつは平然としている。風林火山でいうところの動かざること山の如しだ。泰然としている。
世界をまるで遮断するような彼らの表情に私は見覚えがある。

それは自転車で逆走するやつらだ。
あいつら絶対に自分からどけようとしない。
ただただイノシシのように直進する。我が道を行くというやつだ。

ふざけるな。
そこは私の道だ。私の巣だ。
私よりも田舎者であるな!
posted by 柚木郁人 at 11:44| Comment(0) | 執筆は外で

2018年12月10日

イタ電がかかってこない

なにか界隈でイタ電が鳴り響いてたらしい。
だが、うちにはかかってきたことがない。
なぜだ!
なぜなんだ!


いきなり電話野郎が嫌いという記事を過去に書いたからだろうか?
いや、そんなこと気にしないだろう。
だってイタ電だもの。


考えられるのは、イタ電をかけても面白い相手だと思われてないってことだな。
おっかしいぃなぁ……
posted by 柚木郁人 at 10:53| Comment(2) | 日記

2018年12月02日

ビジュアルヌード・ポーズBOOK act 架乃ゆら



二見のビジュアルヌード・ポーズBOOKのなかで今回のが一番好きかもしれない。
合法ロリってこんな感じなのだろう。
身体付きだけでなく、顔つきまでも少女のようにあどけない。
ページを開けば、今までのポーズBOOKにはない禁忌とか後ろめたさみたいな感情が湧き上がってくる。

それは少女だからだ。

少女らしさと聞かれた私がまず最初に思うのは、輪郭の曖昧さだ。
子供の輪郭は大人のようにはっきりとしていない。
常に優美な曲線によって輪郭がぼやけるのだ。その輪郭に陽があたれば産毛が黄金色に輝く。そういう神々しさが少女の身体にはある。

と思っていた。

しかし、【 Pose 02 Art 】 の章で、私は自分の考えの浅さに衝撃を受けた。
陰翳によって浮かび上がるボディラインには曖昧さはなく、陰の部分に見えない想像を掻き立てられる。
言ってみれば、女性器が修正されているからこそ、エロいのと同じような感覚だろうか?
いや、違う。
もっと純粋な生命力を感じるのだ。それは、発展途上の少女の裸体が、これからどのような成長を辿っていくか……
そういう未来を陰の中に見てしまうのだ。

ただの写真集のはずなのに、なぜか架乃ゆらという人間のストーリーを感じてしまった。
そういうポーズBOOKである。
つまるところ、最高なのだ。



次の土曜日にサイン会も行われるみたいだね。
場所:ブックタワー(秋葉原) 9F
日時:2018年12月08日(土)12:00〜
発券場所:【店頭受付】2018年10月21日(日)10:00〜
     【電話・メール】2018年10月21日(日)13:00〜11月21日(水)21:00

詳しくはhttps://www.shosen.co.jp/event/85287/で確認してください



本物に会いに私も行こうかと思う。
posted by 柚木郁人 at 13:18| Comment(0) | 本の紹介

2018年11月29日

Stellaris

本日紹介するゲームは、Paradoxから発売されている『Stellaris』。
Paradoxは歴史ストラテジーゲームを作るスウェーデンの会社である。
私も7年くらい前にCK2(Crusader Kings2)をやったことがある。
(その後、日本語チームが解体されてしまい、CK2が高騰した。たぶん、家のどこかにあるはず。これが説明書を読むだけで面白いんだ。美徳と言われる七元徳の特性があるからと言って、ステータスがすべてプラスとは言えない。むしろ、七つの大罪の特性も役職によっては有効な能力となることもあるのだ。一部を除いて近隣の国はサイコばかりだ。いや、自分の兄弟だってサイコだ。そこがリアルで素敵すぎる)

そんなParadoxのゲームは、主にこんな感じで時代を網羅している。
Crusader Kings 11世紀〜14世紀
Europa Universalis 14世紀〜18世紀
Victoria 1836年〜1930年 
Hearts of iron 1936年〜1964年


そして『Stellaris』だ。
時は2200年。
舞台は宇宙。
そう『Stellaris』は人類以外が相手なのだ。


銀河英雄伝説とかを想像するけど、相手は話がまったく通じないやつらとか、没落した帝国(それでも自分たちの技術力の数段先を行っている)からの無理難題を突きつけられたりと面白い。
そして、色々とSFネタが散りばめられていて、想像が膨らむ。

何がいいかってSteamで日本語化が非常に楽ということ。
posted by 柚木郁人 at 11:55| Comment(0) | ゲームは1日1時間

2018年11月27日

iPhoneのバッテリー交換

先日、iPhoneのバッテリーを交換してきました。
なぜ、新型でなくバッテリー交換だったのかと言えば、
最近のiPhoneの巨大化に私の手のサイズがついていけなかったからです。

iPhoneSE2が発売されるんじゃなかったのか!
なぜ、ださない!!!!

SE2が出たら絶対にそっちを買っていましたよ。


ただ、バッテリー交換して感じたのは、バッテリーのポテンシャルが100%でも、2年半前の購入当初に比べたら減りが早いということです。
これはきっと色々なアップデートの結果、それだけエネルギーを喰っていると言うことなのでしょう。
だから、バッテリーの巨大化のために新型のiPhoneがどんどんとサイズアップしているのだろうと思います。
posted by 柚木郁人 at 13:28| Comment(0) | 日記