2017年02月28日

2月の出来事

2月某日その1
私は夜勤を終えて某駅から出ると、遠足に向かう小学生の集団がいた。
よくある日常のワンシーンだ。私はそのまま帰ろうとすると、甲高い声が背中を打った。
「リセカちゃん、大丈夫!?」
一人の少女が苦しそうに膝をついた。
私はわずかに悩んだが、すぐに救命救助に向かった。オロオロとする教師に自分の身分を告げて、リセカと呼ばれた少女をリュックを外した。
そのとき、小さな乳房に触れた感触が妙に生々しかったが、苦しんでいる彼女を救うことが最優先だ。
どうやら何かが喉に詰まっているようで、すぐさまタッピングを開始する。少女の背中があまりの華奢なので力加減をどうしたものかと悩む。だが、自然と手が動いた。
そして、彼女は嘔吐とともに飴を吐き出した。
もちろん、私の服にそれがついてしまう。駅員や教師はそのことを心配するが、私は家がすぐなのでと洗えば問題ないと名前も告げずに去る。
私はニヒルなのだ。

睦月さんなら、服についた物をどうするのかとふと考える。


2月某日その2
今日も某駅から出ると、歩道に路駐していたチャリを背後も確認せずに出すおばさんがいた。
チャリには幼い子も乗っていた。
危ないので、「ちゃんと後ろを見て」と注意した。
すると、
「おまえがちゃんと前を見て歩け」
と怒鳴られ、そのおばさんはチャリに乗って消えていくのを見送るしかなかった。
なぜ、こんなことを言われないといけないのかと、むしょうに苛ついた。
そして、悲しくなった。
これはなんのメタファーなんだ。


2月某日その3
バレンタインデーを前に彼女と別れた。
結婚を誓い合った間柄だった。
今は一人になった布団で眠る。
ときおり、寝ていると彼女の温もりを感じることがある。
そして、朝、そんな物は存在しないことを思い知らされ頬を涙が伝う。





これ全部、今月見た夢の話です。
posted by 柚木郁人 at 10:33| Comment(0) | 日記

2017年02月21日

白髪

半年前からそろそろ自分を受け入れようと、白髪染めをやめました。
ですが、髪が伸びると予想以上に白髪が目立ちはじめました。しかも、数年前に比べて明らかに増えている! 悲しい。
それが加齢。仕方ないと自分に言い聞かせていました。
しかし、さらに髪が伸びて白髪が完全に白髪になると、
その白髪を抜いている自分がいました。
これは絶対にチックになると思いました。それだけに飽き足らず禿げると!
それは避けねばなりません。
チックの傾向を見つけてから、すぐに白髪染めをしました。

これからも白髪染めを続けると思います。
なかなか加齢が受け入れません。
そんなんだから年相応に見てもらえないのでしょう。

ちなみに鼻毛にも白髪があります。一本だけですけど、これから増えていくんでしょうね。悲しい。
posted by 柚木郁人 at 11:05| Comment(0) | 日記

2017年02月15日

幼女戦記

15.jpg

幼女戦記が面白いっす。
私はこの作品を完全に読み違えていました!

きっと幼女に転生した複数の幼女たちが争いあう話だと……

ですが、蓋を開けてみればまったく違いました。
幼女の皮を被った本格的軍事物でした。

あらすじは合理主義者のリーマンが幼女に転生して魔法使いになるというものです。
これだけなら萌えコンテンツだと思いますよね。でも、これだけじゃないのです。
転生された世界が第一次世界大戦と第二次世界大戦を混ぜたような異世界で、
そこで主人公のターニャは後方でエリート街道に乗ることを夢見るのですが、
点数稼ぎのために上官に勇敢な言葉や行動をとってしまい、それが裏目に出まくってしまいます。
周りの人からは戦争狂だと勘違いされ、最前線に送られて行くのです。

本当ならここで同情心を擽られるはずですが、
そうです。中身はリーマンです。萌えとはまったく無縁の中年男なのです。

「萌えられるなら萌えてみろよ、この萌え豚どもめ!」
という強いメッセージをこの作品から感じてしまいます。
そこがまたいいです。
萌えコンテンツの王道を敢えて踏み外しながら、茨の道を進む姿がまさに主人公に重なります。


自分の好きな世界観をこんな風にパッケージングすることで戦うことができるんだなと目から鱗が落ちました。

ターニャ・デグレチャフに栄光を!
そして、願わくば次々と迫り来る不幸に拍手喝采を!
posted by 柚木郁人 at 11:22| Comment(2) | アニメ

2017年02月06日

変態

私は変態したい。
というと、変態だと思われそうなのでもう少し説明させてください。
まずは変態の意味から調べてみましょう。

へんたい0【変態】(名)スル
@ 形や状態が変わること。また,その変わった形や状態。「主権より民主政治に―するに於て」〈民約論徳〉
A 「変態性欲」の略。また,その傾向のある人。
B 動物が成体とは形態生理生態の全く異なる幼生(幼虫)の時期を経る場合に,幼生から成体へ変わること。また,その過程。
C 植物の根茎葉などの器官が本来のものと異なる形態に変わり,その状態で種として固定すること。捕虫葉葉針気根巻きひげなど。
D 〘物化〙 同じ化学組成をもちながら,異なった物理的性質を示す状態または物質。特に,単体の場合は同素体,結晶の場合は多形ともいう。また,有機化合物が化学組成を変えずに原子原子団の位置の変化で別の状態物質に変わること。転位。
〈子項目〉変態性欲変態点変態ホルモン


私が言いたかった変態したいとは、A以外のことです。
否、Aを含めてもいいかもしれません。

私は壁をぶち破りたいのです。壁をぶち破った先に進みたいのです。
その壁とは、社会の壁であったりしますが、一番は自分自身のなかにあるちっぽけな壁です。
他人から見たら、そんな壁なんてすぐに抜け出せるじゃん? と首を捻るかもしれません。
ですが、私にとってはそれの壁……もしくは牢獄と言い換えてもいいでしょう。
その牢獄こそが安定した世界なのです。
だから、壁を取り外されてしまうとたちまち不安が押し寄せてくるはずです。
不安に負けないように変態して壁を越えたいのです。
なかなか上手くいきませんけどね。
もしかしたら、壁の外に出ることで変態するのかもしれません。


ちなみに、私の中では変態は勇者だと尊敬しています。
そして、世間的に言われる犯罪者は変質者だと考えております。
変態と変質者。
この差は大きいです。

はやく変態になりたーい!
posted by 柚木郁人 at 11:23| Comment(2) | 日記

2017年02月02日

外に敵を作れば中が纏まる

最近の日本はヤバいんじゃないかと思う。
何故かというと、外に敵を作っているから。
それは内部に目を向けたくないからに他ならないと思います。
年金問題、超高齢化社会、少子化と問題が山積しているのに、
そこに大きな力を加えられているような気がしません。

東京都単位で見ると、外に敵を作るというのが難しいから、
小池都知事は過去に敵を作りまくってますね。意図的に。
豊洲移転問題もどうするんでしょうか?
築地仲卸業者組合は移転反対派が勝利してしまいました。都知事はこんなシナリオを考えていたんでしょうかね?
なんか紛争地帯を作り上げただけのような気がします。
オリンピックもどうなることか……

もう一度、日本に話題を戻します。
カジノを作ると言ってますが、
先日、AIがプロのギャンブラーに勝ったというニュースがありました。(長期戦の場合)
日本カジノのオリジナリティを出すために、すべてAIにしてみてはどうですかね?


いずれ、AIが最高(個人的な性癖にドストライクと言う意味)のエロ漫画とかエロ小説を作る時代が来るのかと思うと恐ろしい。
posted by 柚木郁人 at 11:40| Comment(4) | 東京漫録

2017年02月01日

好景気に凌辱小説が売れるという話

誰が言い出したか好景気に凌辱小説が売れ、不景気に誘惑小説が売れるという話があります。

正直嘘じゃないかと思っております。
嘘は言いすぎました。間違いではないでしょうか。
というのも、フランス書院とマドンナメイトの創刊は1985年です。昭和でいうと昭和60年です。

好景気をバブルと仮定するなら、翌年の二月にはバブル崩壊となるわけですから、
その後、何年、凌辱小説が官能小説を牽引したのですかと聞きたいです。

出版好景気が以前あったようで、今よりも二倍、三倍も刷っていたそうです。
(ジャンプで例を出すと最高部数を記録したのは1995年)
その時代を好景気といい、凌辱小説が売れたという考え方もできますが、
世間的に言う好景気とは違うと思います。

そもそも、好景気に○○が売れ、不景気には○○が売れるというのがおかしいです。
そんなに好景気と不景気を何度も体験しているのかと言いたいし、
昭和時代中期に誘惑小説があったのかとも聞きたいです。

何が言いたいかというと、
「今の時代は誘惑のほうがいいから、誘惑小説を書いた方がいいですかね?」
とか言う輩や、
「熟女のほうに行ってみようと思います」
とか、魂のないことをいうバカ新人に言いたい。

自分が好きな物を全力で書けと!
posted by 柚木郁人 at 10:54| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞