2017年05月15日

僕とカノジョの密やかな30日




公園でとびきりの美少女を拾った僕は……
謎の少女との蜜月と切なさを描いた
新感覚官能ノベル!

流れ星が降り注ぐ夜、公園で見つけた謎の美少女は、ずっと眠ったまま意識がなかった。孤独な青年・翔平は自宅アパートに少女をかくまうが、目を覚ました彼女は記憶を失っていた。翔平は次第に無垢な少女の魅力に取り憑かれ……。


編集から新刊をGW前に渡されました。
宣伝しろよという密命であります。
セールストークとは言え新感覚官能ノベルとか言い過ぎだろうと思いましたが、そういうことは思ってもブログとかに書いてはいけません。
私も経歴だけが無駄に十年を超えるので、そこら辺の機微をしっかりと理解しています。


ですが、GW中に体調を崩したこともあり、この土日に読みました。

何ですか、これ!?
いきなり美少女を公園で拾うとか、空から女の子が降ってくるほど美味しい展開じゃないですか!
しかも、美少女は記憶喪失で帰る場所もないって……

ベッタベタです……しかし……オッケイです。
20160312140032.jpg



そして、甘々だけで終わらないストーリー展開に加え、
美少女を愛していることが行間から伝わってきます。

タイトルは『カノジョ』となっていますが、昭和時代なら『ロリータ』になっていたはずです。
このご時世を考慮してか、ヒロインの年齢が不明なのですが、
記憶喪失を上手く使っていると唸るしかありませんでした。
ときには小学生のようにも思え、ときには中学生にも思えました。
これは一粒に二度美味しいテクニックと言えるでしょう。

※ペンネームにヒロインの年齢が隠されているんじゃないかと私は推測しました。


そしてね。
ラスト……泣きましたよ。
ああ、この物語はズルいです。
こんなヒロインが欲しくなるに決まっているじゃないですか!

官能小説で泣いたのは、草凪優さんと安達瑶さん以来です。
泣かせる官能小説って私には逆立ちしても書けませんよ。
悔しい!

これは新感覚官能ノベルという煽りに偽りなしですよ。
くそッ!



追伸
佐鳥小五さんのペンネームってこれですよね?

いいか、みんな
       ( ゚д゚)
      (| y |)

小五とロリでは単なる犯罪だが
 小五  ( ゚д゚)  ロリ
   \/| y |\/

二つ合わされば悟りとなる
     ( ゚д゚)  悟り
     (\/\/


やっべぇ人がまたデビューしたなぁ……
posted by 柚木郁人 at 11:27| Comment(2) | 本の紹介