2017年09月29日

無礼と疚しさ

写真を見せるために携帯ごと渡したら当たり前のように他の写真もスクロールして見ちゃう人http://www.scienceplus2ch.com/archives/5439258.html

これって私もされた経験があります。
まさか、そんなことを平然とする人がいるとは夢にも思いませんので、
驚いたものですが、割合的には多いですね。
どういうつもりで彼らが、他の写真を見ようとするのかわかりません。

ただ、家に人を呼んだときに本や卒業アルバムを勝手に見られるのは、個人的にはセーフです。
ですが、勝手に押し入れを開けたり、寝室に入るのはNGです。
まぁ、なぜかというと、押し入れの中にはセーラー服が隠されているからなんですけどね。
ようするに疚しいわけですよ。

でも、iPhoneの写真のなかに怪しい画像など入れてないのに、
勝手に見られたくないと思う感情は何なんでしょうか?
posted by 柚木郁人 at 11:26| Comment(4) | 日記

2017年09月20日

奴隷契約 恥辱の女体化ペット




奴隷契約 恥辱の女体化ペットがどんな作品かと言うと、
小金井作品において、すでに様式美とも言える悪徳な母娘が、美少年を女体化調教する話です。
安心してください。
いつもと同じクオリティです!
ワクワクしながら読みました。
まず、冒頭の美少年の日常が活き活きしてればしているほど、
今後の悲惨な運命が待ち構えていることを想像させてくれます。
本当、凌辱小説において日常って必要だと思います。
そこでヒロイン(男の娘の場合はなんて言えば良いんだろう?)の自己紹介ができるわけですからね。
今作ではスポーツも得意な美少年という紹介がされているわけです。
そこで驚きだったのが、サッカーシーンをあんなに書いていることでした。
もしかして小金井さんもサッカーが好きなんでしょうか?

そして、エロシーンに突入してからは怒濤のエロラッシュ!
このエロの割合と展開力は私も学ばなくてはなりません。
私は好きなことだけをしたいという悪癖があるので……気をつけねば!

話を本題に戻します。
今作の目玉は、学校で受け入れられるところにあります。
いつも女体化された主人公が、女子生徒として受け入れられるのですが、
今回はその受け入れ方の解釈を180度変えてきていますね。


あと、50ページくらい多く読んでみたかったです。
posted by 柚木郁人 at 11:03| Comment(4) | 本の紹介