2018年05月02日

坊主なんてナンセンス

 愛知県立犬山高校(愛知県犬山市)のサッカー部が、学業成績の悪い部員を丸刈りにするという「ルール」を作っていたことが2日、同校への取材でわかった。このルールの存在を知った保護者の抗議を受け、昨年度廃止されたという。

 同校によると、2011年度か12年度ごろ、当時の顧問だった教諭と部員らがルールを作成。各教科の成績で、5段階評価の最も低い1を取った部員に対し、丸刈りと練習の準備や後片付けをさせるもので、その後も後輩に引き継がれた。

 16年度になり、丸刈りにしなかった部員が練習に参加できず、そのことを知った保護者が学校に抗議。同校は翌年度にルールを廃止した。

 同校の織部匡久教頭は取材に対し、「ルールは部活の立て直しのために作ったと聞いている。学校として体罰とは考えていないが、髪を切るような指導は今時は不適切と言われかねない」と話した。

 県教委保健体育スポーツ課の担当者は「教員が丸刈りを強要したわけではないので、体罰とは認識していない。学校の対応も適切で、関係者の処分などは検討していない」としている。



この記事読んで最初に思ったのは、じゃあ、部内の雰囲気が成績が悪い生徒に坊主を強要したのか?
ってことだよ。
だとしたら、それは部内のイジメ問題じゃないの?
そっちの方が問題じゃない?
で、この問題は丸刈りをやめることでうやむやにしようとしているけど、本当にそれでいいの?


スポーツ経験者は健全な精神が宿る。
犯罪を犯すのはオタクという風潮があるけど、アホかと言いたい。
部活道の伝統で坊主というのなら、上級生が率先として坊主になれ。
なんで、一年生が坊主とか、対戦相手に負けたら坊主とかにせにゃならんのだ。
そんなのはその部が引き継いだ負の伝統だ。
スポーツ経験者でもオタクでも、犯罪を犯すやつは犯す。どんなに環境で育っても、どれほど管理しようとしても、そういうやつは生まれてくるんだ。
(だけど、一定数の割合で予防できることは色々な研究で明らかになっている)

でも、女子バレー部の一年生はブルマとか、女子テニス部の一年生はブルマ、二年生はブルマにスコート、三年生になってようやくアンダースコートとスコートという伝統は大好きだ。
ついでに言うと、この丸坊主も陰毛だと話は変わってくる。
剃毛だと最高だ。

昔はSMが異常なことだったけど、今は身近になっていて異常体験ではない。
逆に昔の学校の校則(丸坊主とか)が今はなくなっていて新鮮だ。SMに近いエロスさえ感じる。
『明日ちゃんのセーラー服』でも、明日ちゃんだけがセーラー服だからエロいのだ。

posted by 柚木郁人 at 12:25| Comment(0) | 日記