2018年07月09日

先々週、急に胃が痛くなって病院に駆け込んだ。
(腹もグルグルいっていたようだ)
どうやら変なものを食べたのではないかと疑われ、薬を出して貰った。
その薬が非常によく効いて、今まで日に三回のウンチが一回に減った。

ここで終われば、めでたしめでたしだったのだが……

三回分のウンチが一回になったわけで、そのぶんどうなるかは想像しやすいと思う。
そう、濃縮されて固く、太く、長くなったわけだ。

今まで軟弱に育ててきた肛門があっさりと悲鳴をあげてしまい、
痔になってしまった。
しかも、このタイミングで薬もきれてしまい、ウンチの回数が増えてきた。
そのたびに痛い。血が出ないのに痛い。もう嫌だよ。

んで、嬉々として浣腸シーンを書いているのだから、自分の業の深さを感じる。
posted by 柚木郁人 at 11:20| Comment(0) | 官能医学

2018年05月12日

歯医者

水が沁みるので歯科に行くと、歯石を2回取って終わりだと言われたので安心していたら、なぜか虫歯が二個見つかってしまい、あと、4回追加されてしまいました。

全6回……

麻酔を打たれてもあの削る音を聞くだけで、身体が硬直してしまいます。
歯医者さんに麻酔が効いていないのかと心配されるほどです。



ということで、歯医者は嫌いなのですが、ようやく昨日終わりました。

もう行きたくない。
けど、半年後に行かなくてはいけません。行きたくない!
posted by 柚木郁人 at 10:51| Comment(0) | 官能医学

2018年04月12日

花粉症になる

一月前から目がシパシパしておかしいと思って、クリニックに行きました。

すると、杉、檜とダブルでやられてました。
今年は檜の花粉の飛散率が例年の400倍というではありませんか。
檜はたぶん今年にやられたのだと思います。
クリニックの先生も、今年はじめて花粉症になる患者が多いと言っておられました。
一方、杉のほうはきっと数年前から花粉症になっていたのではないかと思います。
近年、身体が弱くなったなぁって思っていたのは、花粉症だったに違いありません。

ついでなので、同時にアレルギーの検査もしてもらいました。
すると、ダニとハウスダスト、さらには卵とミルクにもアレルギーがありました。
posted by 柚木郁人 at 10:52| Comment(0) | 官能医学

2016年10月20日

続・乾燥

昨日の記事の続きです。
マイザー最高と言いましたが、いちおう、予防的にワセリンも買いました。
ワセリンを塗って寝たら……

まったく痒くならない!

すごいぞ、ワセリン!

手がべたべたするけど、まさかここまで効果があるとは思わなかった。
posted by 柚木郁人 at 09:36| Comment(4) | 官能医学

2016年10月19日

乾燥

この時期は乾燥しているので、寝ると足が痒くなります。

マイザーを塗ると治るのですが、
それを引越してから発掘できていないんですよね。

どこにあるんだろう?
(大量の段ボールを見ながら溜息)
posted by 柚木郁人 at 10:14| Comment(0) | 官能医学

2016年02月05日

低温火傷

湯たんぽを使っていると書いたら心配されました。
何を心配されたかというと、タイトルにもある低温火傷です。
正式名称は低温熱傷といいますが、湯たんぽを長時間同じ場所に当てることで、かなり重傷な火傷になります。
近年は湯たんぽブームにより、低温火傷が増えているそうです。

その症状を聞いたら……怖い。
あまりに怖かったので、ここ数日、湯たんぽの温度をさらに落としています。

でも、朝起きると布団から湯たんぽが蹴り出されており、ひんやりとしています。
毎朝、物寂しさを感じます。

猫肌が恋しいです。
posted by 柚木郁人 at 13:13| Comment(0) | 官能医学

2015年06月19日

耳にニキビ

一週間前から外耳にニキビができてしまって痛いです。
いえ、痛かったです。
三日前に潰れて、それから風呂に入るたびに潰れていたのですが、ようやく治ったようです。

この年になってようやく鼻にニキビができなくなりましたが、次は耳ですか?
耳も難儀だからやめて欲しいです。
posted by 柚木郁人 at 11:59| Comment(0) | 官能医学

2015年03月06日

花粉……症?

目が痒い……
気のせいだよね。
posted by 柚木郁人 at 19:52| Comment(0) | 官能医学

2015年02月09日

風邪ひいた

昨日、朝から寒いなぁって思っていたら、昼から胃部不快感と下痢が続き、若干の頭痛もあったので、熱を測ってみると37.6℃ありました。

近年、平熱が35℃台の若者が多いようです。
平熱が低いとそれだけ免疫が弱まり、風邪にかかりやすいので問題視されてます。また、普段、35℃の人が37℃を超えるとかなり苦しいことが予想されます。
しかし、37℃は微熱と判断される風潮がありますので、なかなか他人に自分のつらさを理解されないという悲しさもあるのです。
そんな、説明を覆して悪いのですが、私の平熱は36.5℃前後です。
でも、37℃を超えたら、とたんに心身にアラームが鳴り響きます。
つまり、何を言いたいかというと大袈裟なのです。

どれくらい大袈裟かと言うと、家族ひとりひとり順々(弟→私→母→父→妹)とノロにかかったとき、私だけ「死ぬ〜、病院に連れて行ってぇ」(私・24歳)と懇願したほどです。
ちなみに、病院に行ったのは弟と私だけでした。
いまだ、当時のことを妹にバカにされます。

つまり、大袈裟なのです。
だから、今日には熱が引いてました。
ただ、他の人にうつしてはいけないので、今日明日は家でおとなしくしておこうと思います。
posted by 柚木郁人 at 10:19| Comment(4) | 官能医学

2015年01月16日

健康診断の結果でる

血液検査はまったく問題なし、感染症もなしでした。
ただ、心電図と上腹部超音波は12ヶ月後再検査が出ました。
心電図では左脚前枝ブロックを疑われました。
しかし、それは高校生の頃からずっとあったものなので、まぁ、引っかかったなって印象でした。
高校生の頃に左脚不完全ブロックのために、授業中に病院に連れて行かれ、色々と検査を受けましたが、入院とかしたことないですし、年を取るまでは大丈夫だろうとお墨付きをもらいました。
ただ、そろそろいい年なので不安にもなってきます。

そして、上腹部超音波で引っかかったのは、胆嚢ポリープが複数発見されたことです。
ポリープと言えば良性と悪性があり、悪性とはつまり癌です。
超音波検査によって見つかったのは良かったのですが、悪性がないか定期的に超音波を受けなくてはならなくなりました。

ふー、な、なんとかなるさ。
検査を定期的にして早期発見、早期治療をしましょう。

あ、痔のほうはかなり良くなってきましたよ。
posted by 柚木郁人 at 17:53| Comment(2) | 官能医学

2015年01月11日

わたくしは多弁ならぬ多便です。
ちなみに多便なんて単語はありません。
一日二、三回は排便が出ます。
そのように三十六年間、肛門を酷使してきたからでしょうか?
一昨日、なんかお尻が痛いなって思いながら過ごし、家に帰って風呂場で肛門を触ってみると、なにやら疣があるんですよ。痛みの震源地もそこなんですよ。
これは疣痔と呼ばれるものに違いありません。

原因を探ってみると、外で執筆するようになってから椅子が冷えているところが多いんですよね。
痔は冷やすとよくないので、きっとそれが原因だったのではないでしょうか?
そんなわけで、冬の間はマイ座布団を持って行こうと思います。

疣痔のほうは現在しわしわになっており、ほとんど痛みはありません。
あと、疣痔でしたが、出血がなかったのが救いでした。
posted by 柚木郁人 at 14:24| Comment(2) | 官能医学

2015年01月09日

低血糖か?

先ほどから手が震えるので、糖分が多そうな飲みました。
すると、程なくして震えが止まりました。

年に数回くらい手が震えるんですけど、そのときの血糖値というのを測ってみたいです。
12月にやった健康診断の結果がそろそろ出ると思うので、それを楽しみにしてます。
血液検査では異常が今までないので、安心はしているのですが……

初バリュームを飲む機会がありながら、拒否したことが悔やまれます。
ただ、飲みたくないのよね。
それだとずっと飲まなそうなので、次回は飲むようにしようと思います。
posted by 柚木郁人 at 17:40| Comment(0) | 官能医学

2014年08月11日

体重計

タニタの体重計を買いました。
というのも先日紹介したアプリ『あすけん』で体脂肪率がわからなかったためです。
さっそくタニタの体重計を使ってみましたら、驚きの連続ですよ。

体脂肪率だけでなく、筋肉、骨、内臓脂肪の重さも推定ながら量ってくれるんです。
それだけでなく基礎代謝に肉体年齢まで!
実年齢より肉体年齢が若いと嬉しいですねぇ。

予想通りというか、筋肉量は少なめでした(T_T)
posted by 柚木郁人 at 08:52| Comment(0) | 官能医学

2014年06月27日

湿疹

五日ほど前から突如、足に赤い斑点ができました。
水虫かと戦々恐々しながら皮膚科に行ってきました。
顕微鏡で調べた結果、白癬菌はいなかったので水虫ではなくてよかったです。

ただ、「湿疹だと思うけど、なんだろうこれ? かぶれかな?」みたいな医者の反応に不安が残りました。

とりあえず、薬をもらったのでそれを塗ります。
五日後に治っていなかったら、また、通院せねばなりません。


痒いから治ってほしいです。
posted by 柚木郁人 at 19:10| Comment(2) | 官能医学

2014年05月31日

爪が割れる

昨晩のこと、
さぁー寝よう。と電気を消して寝室に向かったんですよ。
真っ暗でも三年半住んだ家だからわかっているつもりでした。
その油断が、壁を小指で思いっきり蹴るという愚行を引き起こしてしまいました。

左足の小指の爪が真っ二つに割れてしまいました。
血はダラダラ出るので恐ろしいことこの上ない無かったです。

今日は絆創膏を貼ってすごしましたが、違和感がやっぱりありますね。
そして、歩くと血が少し出るようです。
posted by 柚木郁人 at 18:13| Comment(2) | 官能医学

2014年04月22日

体質が変わったのかな?

最近、動くとすごく汗が出ます。
中高時代はほとんど汗が出なかったのですが、今は自転車で5q走っただけで背中にシャツがへばりつくほどです。

そして、まだまだ寒い日もあるので、風が吹くと背中が寒くなります。
速乾性のシャツを着ないと風邪を引いてしまいそうです。

posted by 柚木郁人 at 10:18| Comment(0) | 官能医学

2014年01月24日

予防接種

インフルエンザの予防接種を受けました。
あれって意外と痛いんですよね。
普通の静脈注射よりも痛いんですよ。

しかも、予防接種で体調をくずす人もいますしね。
まぁ、私は全く問題ないわけですけど!

独り身だと風邪をひくだけで、これで死ぬのかもしれないと本気で思ってしまいます。
ちなみにノロにかかった時も、私は死ぬと思ったほど大袈裟ちゃんです。

だって、幼小中高大でトータルして熱で学校を休んだのは、5日もないですもん。
だから、37.5℃超えただけで、高熱なんですよ。
慣れてないんですよ。
posted by 柚木郁人 at 23:09| Comment(0) | 官能医学

2013年11月17日

腰痛

ふひーん。
腰が痛いです。
昨日から少し痛いです。

どこに原因があるんでしょう?
一昨日の晩、足先が寒くてコタツのなかに足を突っ込んで寝るために身体が変な体勢だったからでしょうか?
それとも、
パソコンがデスクトップからノートを使うようになって、姿勢が変わってしまったからでしょうか?

あんまり腰痛にはならないので、いざなるとソックスを履くのも辛いです。
まぁ、すぐに治ってくれるはずです。
posted by 柚木郁人 at 09:47| Comment(0) | 官能医学

2013年11月11日

Sleep

この土日を30時間以上睡眠に費やしました。
これでかなり治ったはず。
でも、今週は大人しく家に引きこもろうと思います。

お腹すいたので、コンビニに行きます。
アボガドが食べたいけど、コンビニにはないだろうなぁ。
posted by 柚木郁人 at 09:24| Comment(0) | 官能医学

2013年10月20日

遺伝子解析で赤ちゃん設計? 外見や能力予測、米で特許

【岡崎明子、ワシントン=行方史郎】青い目で足が速く、乳がんになるリスクが低い子どもが欲しい――。親が望む特徴をもつ赤ちゃんを作る「デザイナーベビー」につながる遺伝子解析技術が考案され、米国で特許が認められた。自分と、精子や卵子の提供候補者ごとに遺伝情報を解析して、望み通りの子どもが生まれる確度を予測するシステムだ。科学者からも「倫理的に大きな問題」と批判が出ている。

 特許化されたのは、米国の個人向け遺伝子解析会社の大手「23アンドミー」(本社・米国カリフォルニア)の手法で、米特許商標庁が9月24日付で認めた。

 同社はIT大手グーグルの共同設立者らが出資。2007年から、唾液(だえき)に含まれるDNAの遺伝子配列のわずかな違い(SNP)を分析して、アルツハイマー病や糖尿病など約120の病気のリスクのほか、目の色や筋肉のタイプなど計250項目を判定する事業を展開している。価格は99ドル(約1万円)で、利用者は50カ国以上、日本人を含め40万人を超えている。


誰かがコメントでも書いてましたが、ガタカの世界ですね。
99ドルって思った以上に安いです。

これからどんな世界になっていくんでしょうか?
posted by 柚木郁人 at 17:46| Comment(2) | 官能医学

2013年08月10日

暑すぎ

昨日はすごく暑かったですね。
サッカーユニフォームの背番号が溶けるほどでした。
夜中はしゃっくりが三十分ほど続いて、ようやく止まったかと思うと、次は鼻血が出ました。
鼻血は十数年ぶりだったので驚きました。

これはきっと暑さのせいだなって勝手に思いました。


そして、今日は昨日よりも暑いとか……


コミケ参加している方は、倒れないで欲しいです。
posted by 柚木郁人 at 12:03| Comment(0) | 官能医学

2013年06月24日

左肩痛くなる→治る

先ほど、急に左肩が痛くなりました。
刺すような痛みが走り、何事かと焦りました。
四十肩? 五十肩?
とか、嫌な病名が過ぎりましたけど、3分くらいで何事もなくなりました。
なんだっったんだろう?

別に肩をひねったわけでもないのに……

痛いのは嫌ですね。
posted by 柚木郁人 at 11:35| Comment(0) | 官能医学

2013年05月29日

処女膜再生手術

処女膜再生手術という項目でネットサーフィンしていたら、なんなんでしょうね。
ほぼ無修正の画像があるんですよね。

http://shirabeau.exblog.jp/9687279/

クリトリスに修正が入っているところが笑えます。
え?
クリトリスに修正入れとけば、性器は無修正でオッケイなんですか?
というツッコミはあるのですけど、医学の資料は合法的であってもいいじゃないかなぁって思いました。


探せば、もっとあると思いますよ。
posted by 柚木郁人 at 21:31| Comment(0) | 官能医学

2013年05月23日

診断ミスで睾丸を摘出された12歳少年、山形県立病院を提訴

 山形県最上町の少年(12)のこう丸を摘出せざるを得なくなったのは、受診した県立新庄病院の医師の判断ミスが原因だとして、
少年や両親が同病院を管理する県を相手取り、約2200万円の損害賠償を求める訴訟を山形地裁に起こしたことが分かった。

 提訴は2日付。

 訴状によると、少年は昨年11月6日午後4時半頃、急激なこう丸の痛みを訴えて同病院に入院。
医師はウイルス性の副こう丸炎と診断したが、翌7日午前11時頃の診察で、精巣と陰部をつなぐ精索がねじれる「精索捻転症」の疑いがあるとして、
山形大付属病院へ移るよう両親に指示した。
同日午後4時頃、同病院で精索捻転症と診断されたが、手遅れだとして左のこう丸を摘出された。

 精索捻転症は、発症から12時間以内に施術しないと、こう丸が壊死するとされる。
原告側は、思春期のこう丸の激痛は精索捻転症を疑うべきなのに、
医師が判断を誤ってこう丸を摘出せざるを得なくなったとして、医師を雇用する県が使用者責任を負うべきだとしている。

 県側は「すでに裁判になっており、現時点でコメントは差し控えたい。
裁判を通じて主張を明らかにしていく」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130523-OYT1T00062.htm?from=main6




とんでもない事件ですね。
リアルでこういう事件があると、私が楽しく小説を書けませんよ。

とあるところに美少年がいて、借金がある家を助けるために、悪徳病院で学用患者になるんですよ。
で、無理やり美少女にされて、昨日まで着ていた学ランがセーラー服に代わり、シューズの色が青色から赤色に変わり……それでも、少年は男だと健気に生きようとするんですけど。
胸が膨らんできて、初めてのブラジャーを着用したりさ。

そんな燃えるシチュエーションを考えることに罪悪感を覚えるじゃないですか!


話は変わって、
みなさん、中高生の頃とか、チンコいらねーなぁ。
切りたいなって思いませんでした?
マジ、これ勉強の妨げで、馬鹿になるぜ!
とか思いませんでしたか?
人生のうちで一人だけそういう人に会ったことがあるんですけど、わかるって意気投合しましたよ。

まぁ、切らなかった結果、十年後にしっかりと馬鹿になりましたけどね。
posted by 柚木郁人 at 13:17| Comment(5) | 官能医学

2013年03月12日

クローン

1匹のネズミから25世代、計581匹の健康なクローンネズミを作製することに成功(理化学研究所)

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターでは、これまでも、冷凍のネズミの死体から、クローン技術でマ新たなネズミを誕生させることに成功したりと、ネズミを使ったクローン技術で数々の功績を収めてきたが、この度、1匹のメスのドナーネズミをもとに連続核移植を続けてきた結果、6世代が限界だったクローンネズミ(クローンマウス)の作製に25世代まで成功したと発表した。

 これらのクローンネズミ平均寿命や生殖能力は普通のネズミと変わらなかった。肉質の優れた家畜を大量に再生産したり、絶滅危惧種のクローンを安定的に作り出すことが可能になることが期待されている。

 現在のクローン技術は世代を経ると出産率が低下し、ネズミは6世代、牛やネコは2世代が限界と言われてきた。体細胞の核を卵子に移植し、受精卵の状態にする過程で何らかの異常が起こり、その異常が蓄積するなどして出産率が低下するとみられている。

 発生・再生科学総合研究センター ゲノム・リプログラミング研究チームの若山照彦さんらは、2005年、薬剤のトリコスタチンA(TSA)を核移植後の卵子に加えると、クローンネズミの出産率が従来の約6倍の6〜7%に改善することを発見。メスのネズミの体細胞の一種、卵丘細胞とTSAを用いてクローンの作製を続けた。

 その結果、約7年間で25世代、計581匹のクローンネズミ作製に成功。出産率は世代を重ねても4.5〜15.5%と安定し、平均寿命も2年以上で普通のネズミと変わらなかったという。

 また、繁殖能力や寿命、細胞年齢の指標となる染色体末端のテロメアの長さにも異常がないことがわかった。さらに、遺伝子発現の網羅的な解析により、核移植を繰り返しても初期化異常は蓄積しないことも明らかとなった。

 再クローン技術の完成度をさらに高めていくことで、優良家畜の大規模な生産や、絶滅危惧種のクローンを安定的に作り出すことが可能になると期待されている。



楽しみですよね。
夢が広がります。
しかし、好きな人の卵子をどうやって獲得するかが一番大きな問題になると思うわけです。
将来、「君の卵子をくれ!」と言う時代が到達しても、
好きな子一人、落とせない男が、好きな子のクローンをどうするかと考えると気持ち悪いでしょうね。


小説の題材としては面白いでちゅ
SFの世界だね
posted by 柚木郁人 at 09:18| Comment(0) | 官能医学

2013年03月10日

デビュー

金曜日に花粉症デビューしてしまったかもしれません。
目が痒くって、鼻がムズムズして、クシャミが出るんです。
風邪であって欲しいのですが……

ちなみに金曜日は花粉症のかたもいたのですが、
妙に優しかったり、仲間意識を持たれました。

父親も花粉症なので、いずれは来るかもって思ってましたが……
酷くならないことを祈るのみです。

花粉も、黄砂も、PM2.5も飛び交ってて酷いです。


西日本のほうが被害が大きいじゃないでちゅか?
中国の人は大丈夫なのかな?
posted by 柚木郁人 at 13:08| Comment(0) | 官能医学

2013年01月15日

年を取らない少女

ハイランダー症候群
簡単に言うとある時点から年を取らないように見える奇病です。
有名どころではBPSで秋月さんの芸で出てきた「イザベル・アジャーニ」の名があがると思います。
今のところ、原因は解明されてませんが、iPS細胞やらで研究されているようです。
ぜひ、解明されることを期待してます。
ええ、もちろん、小説ネタとして使いますので!

http://blog.livedoor.jp/science_q/archives/1694886.html


20歳でちゅか!?
赤ちゃんにしか見えないわ
posted by 柚木郁人 at 11:00| Comment(2) | 官能医学

2012年12月18日

しゃっくり

私のしゃっくりは口から音が漏れるので恥ずかしい。
音を出さずにしゃっくりができる人が羨ましい。
私は「んぐぅ!」「ひくぅ!」とか言ってます。

さて、昨日は夕方からしゃっくりが出ました。
それだけならたいしたことないのですが、止まったと思っても三十分後くらいに、またしゃっくりがはじまるのです。
しかも、通算四回くらい。
数ヶ月ほど、しゃっくりが止まっていたので、昨日はいったい何だったんでしょうね?


ちなみに、今日もしゃっくりがはじまりました。


しゃっくりって意外と体力減るよね
しゃっくりが止まらないと死ぬって本当でちゅか?
posted by 柚木郁人 at 10:26| Comment(0) | 官能医学

2012年11月03日

風邪引いたかも……

今日、トイレに五回も駆け込んでいる。
オシッコや嘔吐ではない。
つまり、あっちです。
そんな状態なのに晩ご飯をカレーにしてしまった。
カレーを食べる直前にお腹が痛くなり、どうした物か悩んだ結果、食べる前にいっちゃいました。

でも、食べるのに問題はないんだよね。

うぅ、お腹が痛い(´;ω;`)


Tシャツで寝るからでちゅ
布団と毛布とタオルケットがあっても寒いわよ
posted by 柚木郁人 at 20:14| Comment(0) | 官能医学

2012年10月19日

久々の歯科

3ヶ月検診の手紙を頂いたので行ってきました。
歯の方は概ね良いのですが、歯茎をもっと磨くように言われました。
歯石取りなんですかね?
あれって表面を削ってるだけでも痛いですね。
いや、本当に痛いのか痛くないのかわからないことがありますよね。
あの機械の音だけで身体が強張り、脳が痛いと判断してくれているような気がします。

再来週、歯磨きチェックをされるので本気で磨こうと思いました。

昨日、電車賃をチャージしちゃったので、財布の中に札が空でした。
お金を請求されて思い出し、ATMに駆け込む時間をもらいました。
朝だったからすっかり寝ぼけてました(´;ω;`)
恥ずかしかったー。


歯医者は怖いでちゅ
検診で終わらせるのが一番よ
posted by 柚木郁人 at 20:05| Comment(0) | 官能医学