2018年05月14日

60年前の新聞

14.jpg


これってすごくないですか?

十五歳までバレなかったことですよね?
時代が時代だからプールとかなかったんでしょうか?
不謹慎ですけど、これをもとにした小説の妄想が拡がります。

ただ、女体化の醍醐味は、男性性への喪失なわけでして、征子さんの場合は女性性への疑問から男性性の渇望という構図なのでトリッキーな展開を考えてしまいます。

いやぁ……本当に、真実は小説より奇なりですね。


こっちは小説で女体化される少年の話です。
母親の前でセーラー服を着せられるってどんな気持ちなんでしょう?


posted by 柚木郁人 at 11:23| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2017年02月01日

好景気に凌辱小説が売れるという話

誰が言い出したか好景気に凌辱小説が売れ、不景気に誘惑小説が売れるという話があります。

正直嘘じゃないかと思っております。
嘘は言いすぎました。間違いではないでしょうか。
というのも、フランス書院とマドンナメイトの創刊は1985年です。昭和でいうと昭和60年です。

好景気をバブルと仮定するなら、翌年の二月にはバブル崩壊となるわけですから、
その後、何年、凌辱小説が官能小説を牽引したのですかと聞きたいです。

出版好景気が以前あったようで、今よりも二倍、三倍も刷っていたそうです。
(ジャンプで例を出すと最高部数を記録したのは1995年)
その時代を好景気といい、凌辱小説が売れたという考え方もできますが、
世間的に言う好景気とは違うと思います。

そもそも、好景気に○○が売れ、不景気には○○が売れるというのがおかしいです。
そんなに好景気と不景気を何度も体験しているのかと言いたいし、
昭和時代中期に誘惑小説があったのかとも聞きたいです。

何が言いたいかというと、
「今の時代は誘惑のほうがいいから、誘惑小説を書いた方がいいですかね?」
とか言う輩や、
「熟女のほうに行ってみようと思います」
とか、魂のないことをいうバカ新人に言いたい。

自分が好きな物を全力で書けと!
posted by 柚木郁人 at 10:54| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2016年10月05日

ポスター展

S__42139656.jpg
デザイナーの黒瀬さんが主催するポスター展が10月11日より始まります。

今回のコンセプトをざっくりと説明すると、
もし、この作品が映画化されたらこんなポスターになるよね、です。

数ヶ月前の話です。
今回、黒瀬さんはイラストレーターの太田さんと組んで、
何をとち狂ったか、私の作品でポスターを作りたいと言い出しました。
その話を聞いたとき、私は
「いいのか私の作品で!?」
とポーズで驚きながらも、内心では非常に嬉しかったです。

しかし、私の作品は大概すでにイラスト付きです。
そこで何かないかと考えてみると、あるじゃないですか!
季刊誌『悦』に掲載していただいた『錆びた雨』が!

今となっては、なかなか手に入らない作品だと思いますし、
何よりも設定がif世界という異色作品です。
会場に冊子が用意してあるようなので、ぜひぜひご来場ください。

S__42139654.jpg

太田さんのイラストがもう上がっているようです。
打ち合わせでサラサラと下書きを描くところを見せてもらいましたが、
『錆びた雨』の特徴を見事に掴んでいて、心を掴まれました。

早く完成したポスターを見たいです。
posted by 柚木郁人 at 12:53| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2015年05月01日

スポーツ新聞芸人

昨日のアメトーーク!を朝ご飯の時に半分だけ見ました。

すると、渡部が日刊スポーツの官能小説コーナーをちょっと紹介していました。
作家名こそ出ませんでしたが、霧原さんが書いている『餞の女体花』です。
イラストはみーやさんです。
昨日の放送を見て、今朝から見始めた人もいるんじゃないでしょうか?

日刊スポーツだけでなく、他のスポーツ新聞にも諸先輩方の素晴らしい作品が掲載されていますので、ゴールデンウィークに帰省を考えている人は、移動中にぜひぜひ読んでくださいませ。


まだ、アメトーーク!は半分見ていないので楽しみです。
posted by 柚木郁人 at 11:07| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2014年11月04日

東久邇宮文化褒章

11月に入ると例年、秋の褒章とかニュースでやってますが、関係のない話だと思ってました。

昨日、睦月さんに授与されました。
驚きましたねぇ。

褒章にも驚きましたが、それ以上に睦月さんが眼鏡にレンズを入れてることに驚きましたよ。
posted by 柚木郁人 at 20:51| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2014年09月26日

草凪さんの闘争官能宣言

http://j-nbooks.jp/jnovelplus/columnDetail.php?cKey=10

かっこいいですねぇ。
とか薄っぺらいことを言うのは控えておきます。
ぜひ、一読してください。

草凪さんは、いずれ直木賞を取る作家ではないかと思っています。
posted by 柚木郁人 at 20:00| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2014年07月08日

館さん講師引退か……

官能講座の情報は毎年、館さんから得ています。
今年もそうです。
昨日の情報がさらに詳しくなったので、転記します。


============================
サンケイスポーツでは、性ノンフィクション、官能小説を執筆してみたいという方々を対象にした夏季セミナー「官能小説・性ノンフィクションの書き方講座」を下記のとおり開催いたします。
 夏休みを利用して、駅、コンビニなどで販売するおはよう面に掲載の「性ノンフィクション大賞」(金賞100万円=税込、第16回を募集中)を執筆してみたいといった方々に館淳一、睦月影郎、うかみ綾乃氏らが懇切丁寧に指導します。
 講義終了後には、講師陣との懇親会(別会費)も予定しています。18歳以上ならば参加資格は問いません。女性の参加を歓迎いたします。
 ▼開講日 8月2、9、16日の各土曜日▼時間 14時〜17時▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2)▼参加費 1回5000円▼定員 各回40人。
▼  夏期セミナー講師日程
8月2日 橘真児 睦月影郎
8月9日 丸茂じゅん 館淳一
8月16日 うかみ綾乃 北山 悦史
 ▼申し込み 電話1(プッシュホン)03・3275・8948、FAX03・3243・8492。はがきでの申し込みは、〒100−8140 千代田区大手町1の7の2 サンケイスポーツ文化報道部 おはよう面「性ノン講座」係まで。
============================



館さんは今年で講師10年目になるそうで、今回を最後にされるそうです。

私がはじめて官能講座に行ったのも、館さんの講座でしたよ。
そこに睦月さんや草凪さんや橘さんがいました。

いま、沖縄はすごいことになっているようで、草凪さんが無事であることを祈るのみです。

posted by 柚木郁人 at 23:25| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2014年07月07日

夏の官能講座

サンスポ講座
8月2日  睦月さん、橘さん
8月9日  館さん、丸茂さん
8月16日 うかみさん、北山さん



私は今年はひょっとしたら一度もいけないかもしれません。
posted by 柚木郁人 at 22:27| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2014年06月04日

禁欲のすゝめ

本日、同年代の人にあった。
その人も彼女ができないと嘆いていた。
そして、彼は身近な快楽で満足してきたのではないかと、自分を律して禁欲生活を行っていると言っていた。

禁欲というと聞こえが良いが、平たく言うとオナ禁である。
もう二週間継続しているそうで、その時点で私としては賞賛の拍手を送りたかった。

しかし、オナ禁の代償も多く出ているそうで、すれ違う女性の胸を見ては、無意識に手がその胸を揉むような動きをしていると嘆いていた。

彼はそれでも笑いながら、「一月オナ禁をしたら魔法が使えるようになりそう」と話していたのが印象的だった。







そんな彼から私はTENGAをもらった。
posted by 柚木郁人 at 22:41| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2014年02月24日

Yahoo!知恵袋

Twitterで『柚木郁人』を検索すると面白いツイートがありました。
以下、無断転記です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10121079695?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

官能小説家の柚木郁人先生は天才だと思うのですが、なぜ評価されないのですか? つ...
unko334334さん

官能小説家の柚木郁人先生は天才だと思うのですが、なぜ評価されないのですか?
つか、みなさん柚木先生をどう思います?


ベストアンサーに選ばれた回答
lyas754さん

新刊出版点数を見れば業界内の評価は高いハズ。
作風が超ピンポイントなので、一般的な人気作家とは立ち位置が違うのでしょう。


ベストアンサー以外の回答
kumanekokuma0615さん

個人の好みの問題だと思うけど

大体、中学生の女の子を薬や手術を駆使して小学生の女の子にしてしまうという意味のない話について行けません

それなら最初から小学生の女の子を出せばいいのにと思います

むしろ、あなたやアマゾンのレビューのように絶賛している人が多いので、私のように感じている人の方が少ないのかもしれませんが



この賛否両論を見て、私っぽいなぁって納得しました。
天才と褒めてくれるのは嬉しいのですが、質問者さんの認識の中では私は評価されていない作家なんですね(T_T)
まぁ、世間的な評価は低いですよ。
ただ、質問者さんのように好きだと言ってくださる方の存在は、私にとって本当にありがたいものです。

茨木のり子の詩の一文で、『自分の感性くらい 自分で守れ ばかものよ』とあります。
他者の評価を気にすることなく、自分がいいと思ったものを信じてください。
つまり私を信じてください。
ときに裏切ることもあるかもしれませんがね。

なんとなく、頬が緩んだ一日でした。


posted by 柚木郁人 at 22:29| Comment(6) | 月刊ポルノ新聞

2013年08月16日

八月も半分終わり

1308b.jpg

嘘ですよね?
まだまだ、暑いじゃん。
きっと十日くらいしか経ってないはず……

久しぶりに外に出てみたら、通路に蝉が三匹も死んでました。
南無……
posted by 柚木郁人 at 11:57| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2013年08月11日

2013年 官能講座 最終日

昨日の土曜日、官能講座が無事に終了しました。
講師はうかみさんと睦月さんでした。

前半のうかみさんの講座でした。
プロットの話とかすごく驚きました。
現在のうかみさんの状況とか、執筆姿勢とか、ブログに詳しく書いたのですが、やっぱりこういうのは受講してくれた人以外に洩らすことではないので、ざっくりとカットしました。

後半は睦月さんでした。
毎年、同じことを言っている。とご本人は言っておられましたが、毎年、アップデートされていました。
今年のは特によかったです。

盛況で講座の熱さが、外の暑さにも負けないくらいでした。
ぜひ、来たことない方は、怖がらずに来年参加してください。
posted by 柚木郁人 at 13:49| Comment(4) | 月刊ポルノ新聞

2013年08月04日

官能講座3回目

昨日は、北山さんと橋さんでした。
北山さんは気功と官能を組み合わせて愛撫の話をされました。
橋さんは、風立ちぬのネタバレをしてくれました。
見ようと思ってたのに……
ちなみに、橋さんとは同郷です。

来週で今年の官能講座は終わりです。
最終日は、うかみさんと睦月さんです。
試験の関係で、会場が狭くなってしまうので、早めに席を取ると良いと思います。
きっと立ち見が出ると思う……
posted by 柚木郁人 at 19:05| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年08月01日

8月

1308a.jpg
今月前半のトップです。

前のやつは、会社では開きにくいという意見が数件入りました。
まぁ、そうでしょうね。


今回は夏っぽく海が見える画像を選んでみました。
posted by 柚木郁人 at 10:18| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年07月28日

2013年官能講座 『下着泥棒じゃないんだからね!』

サンスポの官能講座って、私にとってすごく重要な場所です。

草凪さんのブログより
柚木郁人もいよいよ講師か……(遠い目)
http://kusanagi2007.sakura.ne.jp/index.php?%E6%97%A5%E8%A8%98%2F2013-07-27

でも、書いてあるように、私がはじめて参加したときに、
橘さんと草凪さんの会話を聞いてなかったら、もしくは、聞ける距離にいなければ、違った人生を歩んでいたのではないかと思います。

そんなサンスポ官能講座でついに講師をしてきました。
緊張しましたね。
で、緊張が解けてくると、受講者さんの顔がよく見えるんですよね。
そうすると、真面目に聞いてくださってたりするので、けっこう怖いわけですよ。
そんなこんなで言いたかったことの半分も伝えられただろうかと、心配になりました。

また、気が大きくなってなんて小生意気なことを言ったのかと自己嫌悪です。
こんなだから、モテないのです。
決して官能作家だからモテないのではなく、私だからモテないのです。

予定していたよりも、早く終わってしまって、質問コーナーになったのですが……

「ロリコン作家として、孫(小学生高学年)の下着泥棒をする人の心理を教えてくれ」(要約)
という質問をされました。
なんでも、その下着泥棒は私に似ていたとか……
ひょっとして、世間的に私は下着泥棒のように思われているのかも、と思ってしまうと悲しくなりました。
そして、あえて名誉を守るために言わせていただきたい言葉をタイトルにこめてみました。
でも、受講者の方も笑ってくれたのでよかったですよ。


今回は非常によい経験になりました。

来週は北山さんと橋さん。
再来週は、うかみさんと、そして睦月さんです。
睦月さんの講座は、推敲の話をされるそうなので楽しみです。


私は常に参加していますので、遠慮なく声をかけてください。
posted by 柚木郁人 at 15:08| Comment(3) | 月刊ポルノ新聞

2013年07月26日

明日ですね

プレゼント用のサイン本も書いたし、スクール水着も用意したので、これで完璧ですかね?

緊張しますわ。
上手くいけば良いのですが……

さて、明日のために早く寝ようと思います。


明日は午後から雨になるかもしれませんが、雨にならないと良いなぁ。

あと、遠慮なく話しかけてください。
私も同じくらい緊張してますので、ぜひぜひ!
posted by 柚木郁人 at 22:50| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年07月21日

官能講座2013

今年もやってきました官能講座。
トップバッターは館さんと丸茂さんでした。

さんの人称の話はわかりやすかったなぁ。
人称とか本当に難しいと思います。
私もよく指摘されます。

さんのファンの方は、官能講座を同窓会のように使っておりいいなぁって思います。
毎年毎年、気心が知れた人間が集まってワイワイやれるっていいよね。
私もそんな風にやれたらいいなって思いますけど、なかなか……




私の掲示板にも書き込みしてくださるひげバンダナさんへ私信です。
私はVerticalEditorというのを使ってます。
無料です。
3分おきぐらいにバックアップを取る設定にしています。

あと、DropBoxでオンライン上にデータを逃がしてます。
http://www.appbank.net/2012/06/13/iphone-application/421289.php
posted by 柚木郁人 at 23:25| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2013年07月19日

夏の官能祭り

明日からサンスポの官能講座が開始されます。
第一回目は館さんと丸茂ジュンさんです。
▼時間 14時〜17時
▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2)
▼参加費 1回5,000円、4回通し15,000円

さんはどんな方がアシスタントなんでしょうか?



もう一つお知らせです。
私も原稿を書かしてもらった電子出版社が立ち上げになりました。
私の妹の誕生日と同じです。
ちなみに妹は23歳になりました。
もう社会人です。
私がデビューしたときは女子高生だったので感慨深いです。
と、話が逸れてしまいました。

電子出版社の名前は、ウラマドです。
http://www1.uramado-ebooks.com/

草凪さんや早瀬さん、それに北都さんの連載もありますので、私も期待しています?

私も『昭和四八年一月、地下室ニテ売ラレタル姉妹ノ事』という昭和官能とでもいいましょうか?
出版社ではできない短編を書きました。
よろしくお願いします。

あ、そうそう忘れてはいけませんが、表紙のデザインがとても素晴らしいです。
posted by 柚木郁人 at 12:48| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2013年07月01日

官能講座詳細

私はさんから毎年情報を得てます。


 サンケイスポーツでは、性ノンフィクション、官能小説を執筆してみたいという方々を対象にした夏季セミナー「官能小説・性ノンフィクションの書き方講座」を下記のとおり開催いたします。
 夏休みを利用して、駅、コンビニなどで販売するおはよう面に掲載の「性ノンフィクション大賞」(金賞100万円=税込、募集中)を執筆してみたいといった方々に館淳一、高橋源一郎、北山悦史、丸茂ジュン、睦月影郎氏らが懇切丁寧に指導します。
 講義終了後には、講師陣との懇親会(別会費)も予定しています。18歳以上ならば参加資格は問いません。女性の参加を歓迎いたします。
▼開講日と講師スケジュール
7月20日(土) 館淳一 丸茂ジュン
7月27日(土) 柚木郁人 橘真児
8月3日 (土) 北山悦史 高橋源一郎
8月10日(土) うかみ綾乃 睦月影郎
▼時間 14時〜17時
▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2)
▼参加費 1回5,000円、4回通し15,000円
▼定員 各回40人
▼申し込み 03-3275-8948、FAX03-3243-8492。
はがきでの申し込みは、〒100−8140 千代田区大手町1の7の2 サンケイスポーツ文化報道部 おはよう面「性ノン講座」係まで。住所・氏名を明記のこと。


例年、予約がなくても入れます。
(でも、入れなかったらいけないので、予約してくださいね。私も毎年予約してます。)
ただ、遅刻すると受付場所がわからないかもしれませんので、はやめ(数十分程度)に来られることをお勧めします。

私は27日に講師として参加します。
きっと、眼が泳ぎ、緊張から声が高くなるものと思えます。
それでも良ければよろしくお願いします。

全四回参加しますので、お気軽に声をかけてくださいね。



1307a.jpg
7月前半のトップ。
これはかなりの巨乳じゃないですか!?
posted by 柚木郁人 at 11:39| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年06月16日

サンスポ講座

夏の恒例行事、サンケイスポーツ主催の官能講座です。
日程が出たようです。

7月20日、館淳一、丸茂ジュン
7月27日、橘真児、柚木郁人、永田守弘
8月3日、北山悦史、高橋源一郎
8月10日、うかみ綾乃、睦月影郎

気づかれた方もいらっしゃると思いますが、今年は私も参加します。
橘さんと永田さんと同じ日です。
ぜひ、27日にもご来場ください。
無料サイン本とかお土産を用意する予定です。

こんな話を聞いてみたいとかありましたら、ぜひ、メールしてみてください。



1306a.jpg
トップ絵を変えました。
色々と使いたいのがあっても、すぐに季節がすぎてしまうので……
posted by 柚木郁人 at 12:02| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2013年03月16日

貞操帯

130316.jpg

男性用貞操帯です。
Tumblr.でとある人をフォローしたら、貞操帯マニアの方みたいで、毎日アップされてます。
最初の頃はひえぇーーって思ってましたが、人は馴れるものですね。
最近は楽しみに見てます。

勃起を抑制するだけでなく、尿道も刺戟するという恐ろしい代物です。
同時にお尻も責めることができる貞操帯もあります。

まぁ、大概、海外の人が使用されてます。
いやー、海外はハードだなぁ。


指輪でちゅか?
貞操帯ってなに?
posted by 柚木郁人 at 13:19| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年03月08日

確定申告終わった!

8時半から税務署が開くので、それを目指していきました。
すでに50人ほど列ができてました。
20人くらいは提出してすぐに帰り、30人がパソコンで書類を作ってもらうために2階にいくのです。もちろん、その列に私もならびます。
9時になり、スタッフが出て来ると相談がはじまります。
一人のスタッフで2、3人を担当することになるんですが、なかには気の短い人もいますよね。
私の隣におばさんがいたんですけど、質問攻めでスタッフを離してくれないんです。
後から来たのに……ひどい。

ようやくおばさんが帰ったと思うと、今度は新しいおばさんがきたんですよ。
いきなり書類を机に叩きつけて「もーッ!」とか怒ってるわけです。
なんでも、おばさん曰く、しっかり話を聞いてくれないとのこと。
スタッフさんが「それは私のことですか?」と訊ねると、「あんたじゃない!」とお怒りモードだったのですが、この担当スタッフさんは話を聞いてくださったようで、だんだんとおばさんのトーンも柔らかくなってよかったです。

私は八割くらい青色申告に記入していたので、パソコンじゃなくて、そのまま作りましょう。
ってことになり、スタッフさんといっしょに作りました。
10時前に終わってよかったです。


今年はもう少し早く行くって言ってたでちゅよ
去年より、一日遅いんじゃない?
posted by 柚木郁人 at 11:18| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2013年03月05日

女の秘蜜 妄想ノススメ

エンタメーテレにて、『女の秘蜜 妄想ノススメ』という番組が開始されました。
なんと、うかみ綾乃さん、深志美由紀さん、大泉りかさんがメインパーソナリティです。

視聴方法はスカパーということなので、現在のところ見られないのですが……
ニコニコ動画でも放送されるかもとのことで期待大です。

スカパーに加入されているかたは、ぜひ、見てみてください。

http://www.entermeitele.com/entertainment/mousou_no_susume.html


テレビすごいでちゅ
ほんとだね!
posted by 柚木郁人 at 09:34| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2012年08月25日

今年の官能講座、終了!

四回にわたって開催された官能講座も本日で終了です。

講師はうかみ綾乃さんです。
第二回団鬼六賞を受賞され、小学館より『蝮の舌』が発売中です。
ぜひ、文藝コーナーで手にとってください。

うかみさんの講座は、リズムの重要性を語られました。
仰るとおり、太古の昔に初めてできたのは、リズムですよね。
その次に、メロディー、そして、言葉だと言われて納得しました。
私の初期の作品は、リズムでもメロディーでも言葉でもなく、美術を目指しました。
パッと目に入ってきたときの重さとかそういうのを。

リズム良い文章が書けるようになりたいと思いました。

さんは、今週風邪をひいておられ、今日も薬を飲んでました。
責任感の強い良い人です。
今日の今日まで言うのを忘れてましたが、サンケイスポーツさんは「性ノンフィクション大賞」公募されてます。
金賞100万円、次が20万円、その次が3万円です。
さんは告白物を書く技術を、兄の出来事を例に面白おかしく教えてくださいました。


その後、打ち上げは大勢の人がいて楽しかったです。
8月は色んな人に会えてすごく嬉しかったなぁ。


100万円ってすごいでちゅ
お年玉を二十歳まで貯めるのと同じくらい
posted by 柚木郁人 at 23:49| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2012年08月18日

官能講座 3週目

先週はコミケで休みましたが、今週は行ってきました。

今日の講師は、北山さんと永田さんでした。
北山さんは愛撫を気功などに絡めて話してくださいました。
永田さんは男性視点、女性視点の話から、官能小説の歴史を話してくださいました。

筆記道具を忘れたので、深志さんにボールペンを借りました。
コミケのときにリュックから荷物を全部出したのがいけなかった。


来週は今年の最終回です。
講師はさんとうかみさんです。


サンケイスポーツは大きいでちゅ
セキュリティもすごいね
posted by 柚木郁人 at 20:24| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2012年08月12日

コミケ82

週間天気予報では雨が週末に雨が降るって言ってましたが、曇りから晴れて良かったです。
最後は暑かった。
コミケの日は雨にしないというオタクパワーは、さすがです。


12-812 (1).jpg
今回は初の夏と言うことで夏対策をしていきました。
と、言っても水分を一杯持って行くということだけです。
キャスター付きクーラーボックスが2980円だったんですが、すごく役に立ちました。
凍らしたジュースは保冷剤の役割にもなり、最後までクーラーボックス内を冷たく保ってくれました。


12-812 (3).jpg
人はやっぱり多かったです。
冬よりも多く感じました。
ツイッターでフォローしてくれている方や、私のファンの方、そして、一番多かったのは、友達に買ってきて貰ってる方たちでしたね。
冬よりも売れて嬉しかったです。
差し入れしてくださった方々、ありがとうございました。

帰る間際に偶然、妃さんもいることを発見しました。

今回は両隣のサークルがいなかったにも等しいので、広々とスペースを使えて良かったです。
冬も良い場所を与えて貰いましたが、今回もありがとうございました。


12-812 (2).jpg
帰る時はカンカン照りでしした。
タクシー待ちもバス待ちも長蛇の列だったので、駅まで歩こうとしていたら、途中で空車のタクシーを拾えてラッキーでした。

鬼ゆんさん手伝ってくださってありがとうございます。
マジ、助かりました。


おつかれちゃま
疲れたね
posted by 柚木郁人 at 17:07| Comment(9) | 月刊ポルノ新聞

2012年08月04日

サンスポ官能講座 第1回目

今日は官能講座です。
なでしこのサッカーを見た後、楽しみに寝ました。

起きたら12時すぎててびっくりしました。
開始は14時からです。

冷蔵庫に入れたままのお好み焼き(生)を焼いて食べました。

東京駅についたときは余裕で間に合うはずだったんですが、丸の内北口に上手くたどり着けず、時間を浪費してしまいました。
北口を案内する指示に従ったつもりなのに、いつの間にか南口って案内が変わったんですよ。
散々迷った上で、南口から出ました。

鬼ゆんさんは10分前まで待ってくださったのに、すみません。

産経新聞社に入ると、数分前に始まってました。
今回の官能講座のトップバッターは二見文庫の編集長です。
千草さんとかを担当した方で、官能界では超有名編集です。

いやー、ためになりました。
編集者視点での話を聞くと、裏にはこんな思惑があったのかと眼から鱗が落ちました。
濃密な1時間半でした。

そして、睦月さんにバトンタッチして、後半の講義が始まります。
さすがに手慣れた物で、ポイントが非常にわかりやすいです。

12-804.jpg

講座の写真ですが、白板には妄想力って書いてあります。
妄想とは「亡き女を想うと書く」と言われ、なるほどすごいなぁって思いました。

講師の二人が口を揃えていったのは、まずは書くこと。

すべてはそれに尽きますね。


今回ははじめての方も多かったです。
(二人の方に、ブログ見てきましたって言われました。帰る間際に(´;ω;`)。ごめんなさい)
私は名刺を忘れていきました!


盛況でちた
本当に良かった
posted by 柚木郁人 at 23:10| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2012年07月29日

夏恒例 官能講座

2012年 サンスポ官能小説。性ノンフィクション書き方講座
▼開講日 8月4、11、18、25日の各土曜日。
▼時間 午後2時〜5時
▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2)
▼参加費 1回5000円、4回通し1万5000円
▼定員 各回40人
▼問い合わせ рO3・3275・8948 サンケイスポーツ文化報道部 おはよう面「性ノン講座」係。

官能小説・性ノン講座講師
8・ 4 睦月 影郎 米田 郷之
8・11 丸茂ジュン 高橋源一郎
8・18 北山 悦史 永田 守弘
8・25 うかみ綾乃 館  淳一


直接、産経新聞社東京本社に行くと1階で受付をしている人がいるので、その方が誘導してくださると思います。

8月11日は翌日コミケだから難しいかな。
その他、三回は参加できると思います。

毎年、サッカーユニを着て行ってましたが、今年は普通の服装で行こうと思います。
比較的若そうな人がいたら、きっとそれが私だと思います。
遠慮なく声をかけてくださいね。
恥ずかしがり屋なので、こちらから声を掛けるのは難しいです(´;ω;`)


真夏の祭典でちゅ
クーラーがよく効くといいね


いろいろ
posted by 柚木郁人 at 01:36| Comment(2) | 月刊ポルノ新聞

2012年05月08日

藤堂慎太郎さん、ご逝去

マドンナメイトの作家である藤堂慎太郎さんが、5月4日にご逝去されました。
編集とはこの前、電話で話したばかりだったそうです。
突然の別れにご冥福をお祈りします。

今月発売の新刊が遺作となってしまいました。

12-508.jpg
美尻ママ 禁じられた相姦
藤堂慎太郎(著)/
豊満な肢体から匂い立つ熟女のフェロモン――
息子は欲望を抑えきれず、むき出しとなった白い尻、
さらにはその奥に舌を這わせていき……


両親が離婚し、父方に引き取られた雅彦だったが、その後、父親が急逝したため、今度は母親と暮らすことに。母の香織は、豊満な肉体から熟女のフェロモンを発散し、息子である雅彦も目のやり場に困るほどだった。そんなある日、香織が奇妙な頼みごとをしてきて……

文庫判 予定価格: 630円(税込)
発売予定日:2012年05月11日
ISBNコード:9784576120584



私もいつ死ぬかとか不安です。
願わくば死ぬ前に、満足できる作品を書いて充足感の中で死にたいです。

あと、両親とも何日会えるか計算してみると、少ないことに気づきました。
何か親孝行をしたかと考えても何も思いつきません。
今は成人したばかりの妹の世話で両親も忙しいので、妹に任せてますが、いずれは尾道に帰る日も来ると思います。


ご冥福をお祈りしまちゅ
心より、ご冥福をお祈りします


原稿用紙換算 24/350
posted by 柚木郁人 at 12:02| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞

2012年04月01日

睦月影郎さん400冊パーティー

3月31日は睦月さんの400冊記念パーティーでした。
400冊とかすごいですよね。
ギネスとか何冊が1位なんでしょうかね?

暴風雨の影響で、ダイアが乱れており、間に合わないかと心配しましたが間に合って良かったです。

テレビで見たことある人とか居てすごかったです。
みんなにも会えて嬉しかったのですが、あんまり喋れなくて残念でした。
初めての人にも多く出会えて良かったです。

3次会は双葉の編集さんと、草凪さんと北都さんで4時まで飲んでました。
草凪さんも北都さんも今日帰っちゃうので残念です。
草凪さんが目に見える炎なら、北都さんは内に秘めた炎で、二人とも熱くって大好きです。

睦月さんをはじめ、多くの先輩たちが尊敬できます。
エイプリルフールネタじゃないですからね。


朝帰りでちゅ
プリキュアとか見ちゃうの?
posted by 柚木郁人 at 06:24| Comment(0) | 月刊ポルノ新聞