2018年10月01日

台風24号

昨日の台風は私が経験した台風のなかで最大クラスでした。
鉄筋の家が強風で揺れるなんて体験したことがなかったです。
恐ろしくて2時すぎまで眠られませんでした。

ですが、朝、近所を歩いて見ると、
街全体にそれほど大きい爪痕がなさそうでよかったです。

逆に台風21号がどれほど大きかったのでしょう。
21号のときの動画は、この世の物とは思えないほど衝撃的な物ばかりでした。
ですから、昨日の私が体験した強風もまだまだだったのでしょう。

ちなみに、うちの賃貸の周りは自動販売機がたくさんあります。
(大家がゴミ箱を設置していないので、空き缶が放置されている)
いつもなら台風の時は空き缶が転げる音が聞こえますが、昨日は聞こえませんでした。
なぜなら、とっくに強風に攫われて遠くに運ばれているからです。
カラン、コロン、と遠くから聞こえてくる空き缶の音は違う自動販売機のやつでしょう。


ちなみに台風21号の被害に私もあっていました。
海外から注文した荷物が関空で水浸しになって、発送できないから返金+クーポンやるよとなりました。
posted by 柚木郁人 at 10:52| Comment(4) | 東京漫録

2018年08月25日

カフェで宿題

ちょっとオシャンティな街のカフェで仕事していますと、
母子が入店してきました。
息子は小学生低学年か中学年くらいで、母親はシックだけど品がいい感じです。

カフェでモーニングをしながら、息子は宿題をはじめました。
母親はMacBookを開いて仕事をしているようです。
いやー、優雅ですね。

田舎育ちの私には、こんな経験ないですよ。

posted by 柚木郁人 at 09:40| Comment(4) | 東京漫録

2018年08月16日

カルガモ

DSCF6791
カルガモが普通に千代田区の歩道にいました。

このクソ暑い中、こんな水掻きで大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

それにしても、今年の夏は暑すぎませんか?
息をするだけで、肺が圧迫されませんか?
posted by 柚木郁人 at 17:10| Comment(0) | 東京漫録

2018年08月09日

電車内

自分調べなのですが、満員電車でリュックを背負ったままのやつは、
たいてい大学生か若い女です。

奴らも周りを見たら、多くの人がリュックを前に抱えているのがわかると思うのですが、
気づかないようです。
それどころか人がリュックにぶつかると睨んでくることが多いです。
(あくまで自分調べ)

そして、ここからは推測になるのですが、
なぜ、リュックを背負って邪魔な奴が大学生に多くいるかと言うと、
きっと田舎者上京組なのではないでしょうか?
田舎で混んでる電車というのを経験したことがないのでしょう。

東京では東京での社会性を身につけて欲しいと思います。
しかし、大きいことも言えないのも事実です。
偶然この社会性には気づいたから、文句を言っているだけで、
私が気づいていない社会性のほうが多いので気をつけねばいけません。
posted by 柚木郁人 at 10:51| Comment(0) | 東京漫録

2018年07月30日

美少女姉妹に会ったよ

バスに乗ってたら、美少女姉妹が乗ってきました。
お姉ちゃんが小学生高学年で、妹が幼稚園か低学年くらいでした。
一席だけ空いていたので、お姉ちゃんが妹を座らせました。
お姉ちゃんは男の子みたいに日焼けしてて、髪が短かったけど、睫毛が非常に長くて、顔立ちが大人びていました。
(妹も睫毛が非常に長かった。二人とも化粧したのかと勘違いするほど!)
そんなお姉ちゃんは立っていたんですけど、バスだから揺れます。
両足を踏ん張って、ポールを両手でしっかりと持っているところがなんとも健気でした。
でも、子供っぽくときおり片手にして、よろけたりと子供らしさもありました。
そして、ときおり、妹に笑顔で何やら話しかけてもいました。
バスから降りていったあとも、妹の手をとって、しっかりとエスコートしていく姿は本当に可愛かったです。

まぁ、こんなことを書くとロリと勘違いされるから、あんまり書きたくないんですけどね!
ほら、私にもイメージってもんがあるじゃないですか、そういうのを崩したらいけないですし!



そんな私のイメージを知りたい人は、ぜひ、夏休みの課題図書にこちらを読んでください。


posted by 柚木郁人 at 15:43| Comment(2) | 東京漫録

2018年06月12日

弥生美術館


セーラー服と女学生展
セーラー服=女学生。しかし、これは日本人独特のイメージであるようです。
セーラー服とは19世紀中頃のイギリス海軍の水兵服にはじまり、その後、子ども服、女性服としても流行したファッションの一つのスタイルです。
本来は着る人の年齢を問わないユニセックスなファッションであるセーラー服が、
なぜ、日本においては女学生服として定着し、100年もの間、愛されているのでしょうか?
本展覧会ではイラストレーションと服飾資料により、その秘密と魅力に迫ります。
武内直子『美少女戦士セーラームーン』の原画(合計3点)、中村佑介の最新作を含む原画20点を展示いたします!
日本で最初のセーラー制服といわれている福岡女学院(夏服・冬服)、平安女学院(当時のもののレプリカ)を展示します。
東洋英和女学院、都立八潮高校、都立第五商業の工夫を凝らしたタイ結びも実物展示いたします。

弥生美術館
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp

この展覧会には行きたいと思っていたのですが、出不精の私の腰がなかなか上がらなかったところ運良く、鬼ゆんさんから誘われたのでこれ幸いと本日いってきました。
男二人組で行くのはあんまりなので、もう一人誘って三人で乗り込みました。
いやー、色々と面白かったです。
当時の流行のスカーフの巻き方とか、スカート丈を長くしてもチビやデブには似合わないとストレートに書いてある雑誌とか、当時の流行を知ることができて楽しかったです。
お客さんは男女ともに1人で来ている人が多かったです。
そしてどういうわけか美人さんが多かったです。

でも、一番驚いたのは、キャンディさんがもう1人女の子(キャンディさんより大きい)といたことです。
睦月さんの繋がりでキャンディさんとは面識があるので、受付をしている時点で、どこかで聞いたことのある声だなって思っていたら、本人がいたんです。
ちょうど私たちとは入れ違いになったのですが、こんな偶然ってあるんですね。



DSCF6700
これは100年前の少女と記念撮影できるという等身大パネルです。
きっと140センチ台くらいだと思います。
顔も小さくてお人形のように可愛い!
そして、セーラー服と帽子がいいところのお嬢様という気品を醸し出しています。

写真はパネル感を排除するために白飛びさせて、少し昔の写真っぽく見えたらいいなぁと思いつつ加工しました。


この展示の最終日は6月24日ですので、興味がある方はお早めに。
posted by 柚木郁人 at 19:56| Comment(0) | 東京漫録

2018年06月02日

浜町から森下あたり

DSCF6641

昨日、Kindleでの第二作目の表紙を撮影しに浜町に行ってきました。
鞄の中にセーラー服を忍ばせて、人気のないところでセーラー服を出して、カメラでパシャパシャやっていたのですが、いやー、人って来るもんですね。
足音がするたびにセーラー服を鞄の中に隠して、素知らぬ顔をして行きすぎるのを待つのですが、場所が場所だけに私のことを非常に不審者と思ったことでしょう。

相手がじゃっかん早足で去りましたもの!


浜町から離れ、森下のカフェでお茶をしました。
門仲がカフェのメッカになっていますが、森下も個人経営のお洒落カフェが増えてきたように思えます。
私が住んでいるところにはそういうのはありません。
お洒落カフェできてください。







これの第二弾は三和出版の『蕾秘』の1、2巻をまとめた中編を計画してます。
できるかぎり早く出せるように加筆修正を頑張っています。





あと、電子と言えばこちらもお勧めです。


https://bookwalker.jp/campaign/9524/#
https://www.cmoa.jp/genre/193/
6/14までです。
尾髭丹のイラストは強烈ですね!





そうそう6月と言えば、官能講座です。
今年も開催されるようです。
毎回受講者のデビュー率はかなり高めなのではないでしょうか?

▼開講日 6月16、23、30日の各土曜日

6・16 深志美由紀 橘  真児
6・23 丸茂ジュン 桑原 茂一
6・30 蒼井 凜花 睦月 影郎

▼時間 14時〜17時
▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2)
▼参加費 1回5000円
▼定員 各回40人
▼申し込み 03・3275・8948、FAX03・3243・8492。
はがきでの申し込みは、〒100−8140 千代田区大手町1の7の2 サンケイスポーツ文化報道部 おはよう面「性ノン講座」係まで。
講義終了後には、講師陣との懇親会(別会費、3000円)も予定しています。18歳以上ならば参加資格は問いません。女性の参加も歓迎いたします。

私は予定が合わずに行けなく残念です。
posted by 柚木郁人 at 11:34| Comment(0) | 東京漫録

2017年03月02日

羽月希さんサイン会

3月4日(土曜日)、羽月希さんのサイン会が書泉ブックタワー(秋葉原)であります。



店頭の参加券配付
2017年2月11日(土)10:00〜
*書泉ブックタワー9階で対象の商品をご予約の方にイベント参加券を差し上げます。
*商品はイベント当日会場にてお渡しいたします。
*ご予約時に商品代金を全額頂戴いたします。
*参加券は4種類ございます。混雑時は1回の購入数を制限させていただく場合がございます。

電話・メールでの参加券配付
2017年2月11日(土)13:00〜
※お支払いはイベント当日までの店頭払いでお願いしております。
イベント当日(当日可)の集合時間までに9階レジにて商品代金のお支払いをお願いいたします。
集合時間までにお支払いが無い場合はキャンセル扱いとし、当日券として発券させて頂く場合がございます。
※電話 03-5296-0051
*メールでのお問い合わせ:上記「>お問い合わせ」ボタンをクリックしていただくとメールフォームへ移ります。「お問い合わせ内容」欄に「名前」「電話番号」「イベント名」「希望する券の種類と枚数」をご記入下さい。折り返しご返信いたします。

参加券配付場所
書泉ブックタワー9階

商品情報
対象商品:セクシャルヌード・ポーズBOOK act羽月希
モデル:羽月希
発売:二見書房
価格:2,700円税込(2,500円+税)
発売日:2017年2月24日
ISBN:9784576170305

商品へのサイン
その場でサインをお入れします

写真撮影
カメラ、スマホ・カメラ付き携帯電話、チェキ等を当日お持ちください。
※ビデオ撮影・デジカメ・携帯等による動画撮影・録音は全て禁止とさせていただきます。

特典

★1冊券 2,700円(税込)
・商品にサイン+握手
・スナップ撮影 1枚
・生写真 1枚(全3種、選択不可)

★2冊券(セット券) 5,400円(税込)
・商品にサイン+握手
・スナップ撮影 2枚
・生写真 2枚(全3種、選択不可)

★3冊券(セット券) 8,100円(税込)
・商品にサイン+握手
・スナップ撮影 3枚
・生写真 3枚(全3種、各1枚)
・ツーショットチェキ撮影 1枚 ※チェキはこちらでご用意します

★5冊券(セット券) 13,500円(税込)
・商品にサイン+握手
・写真撮影30秒(ツーショット、動画撮影可)
・生写真 3枚(全3種、各1枚)
・ツーショットチェキ撮影 1枚 ※チェキはこちらでご用意します
・羽月希さんからのハグ
・羽月希さんからのささやき

注意事項
※状況により予告無く発券を終了する場合がございます。
※お一人様のご購入に関しましては上限がございます。状況によっては変更する可能性がございます。
※本イベントの参加券はセット券となっております。参加券を複数枚同時に出された場合、特典や握手の時間は増加しません。並び直しされて再度ご参加いただく場合は、列の最後尾へお願いします。
※特典以外での写真撮影・録音・録画などは禁止させていただきます。
※手荷物は会場内でお預かりさせていただきますので、予めご了承ください。
※イベント開始後にお越しの場合は列の最後尾にお並びいただきます。
※諸事情により開始時間が遅れる場合がございます。予めご了承ください。
※イベント終了時間は決まっておりません、ご参加のお客様が居られませんと終了となります。参加券をお持ちの場合でも遅れて来られますとご参加できませんのでご注意ください。
※イベントが長くなりますとイベントの途中で休憩を取らせていただく場合がございます。休憩時間中はお客様にはお待ちいただくことになります。皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
※不参加の方で、イベント終了後2週間以上ご連絡がない場合はキャンセル扱いとして、商品代金をお支払いいただいている場合でも商品(+特典)は処分させていただきます。


まだ、中身を見ていないのですが、表紙を見る限りいいです。
すごくいいです!
こういうことを書くと変態と思われてしまうので、普段は自重しているのですが、
女性が和式トイレに跨がるような姿勢に偏執的な美しさを感じます。
これがどこから来るのかわかりません。
ただ、昔から心惹かれます。
そう言えば、私の処女作である『美少女メイド』もトイレットポーズです。
たまに本棚から取り出して妃さんが描いた表紙を見ます。

さて、話が少し逸れてしまいましたが、
ポーズブック集の表紙には少し注意しないといけない点があるそうです。
それは乳首などが見えたら駄目だということです。
つまり表紙は選択肢が狭められているのです。
反対に言えば、中身は無限の世界が拡がっているのです。

早く中身を見てみたいです。
posted by 柚木郁人 at 11:28| Comment(0) | 東京漫録

2017年02月02日

外に敵を作れば中が纏まる

最近の日本はヤバいんじゃないかと思う。
何故かというと、外に敵を作っているから。
それは内部に目を向けたくないからに他ならないと思います。
年金問題、超高齢化社会、少子化と問題が山積しているのに、
そこに大きな力を加えられているような気がしません。

東京都単位で見ると、外に敵を作るというのが難しいから、
小池都知事は過去に敵を作りまくってますね。意図的に。
豊洲移転問題もどうするんでしょうか?
築地仲卸業者組合は移転反対派が勝利してしまいました。都知事はこんなシナリオを考えていたんでしょうかね?
なんか紛争地帯を作り上げただけのような気がします。
オリンピックもどうなることか……

もう一度、日本に話題を戻します。
カジノを作ると言ってますが、
先日、AIがプロのギャンブラーに勝ったというニュースがありました。(長期戦の場合)
日本カジノのオリジナリティを出すために、すべてAIにしてみてはどうですかね?


いずれ、AIが最高(個人的な性癖にドストライクと言う意味)のエロ漫画とかエロ小説を作る時代が来るのかと思うと恐ろしい。
posted by 柚木郁人 at 11:40| Comment(4) | 東京漫録

2016年08月20日

ご近所の猫

新小岩は猫屋敷が多くあったので、北砂でも探しています。
しかし、この暑さの影響かあまり野良猫がいません。
いても単独でいることが多いようです。

S__7267478.jpg

北砂の猫は警戒心が薄く、人に会ってもあまり隠れようとしません。
また、身体も大きく、色々な人に餌をもらっているようです。

S__7267479.jpg

砂町銀座にも看板猫とかいそうですので、iPhoneではなくカメラで撮りたいですね。
posted by 柚木郁人 at 11:00| Comment(0) | 東京漫録

2016年06月15日

都知事に思うこと

猪瀬に続き舛添も金の問題で都知事を辞職する。
しかし、この金の問題は都知事だけだろうか?

打開策として政治家の経費はすべてインターネットで公開してみてはどうかな。
誰が都知事になっても問題になるでしょう。
それをチェックするのが正義の名の下に民衆がやってくれるでしょう。

本当に法で裁かれない罪ほど重い物はないですね。
人が正義を振りかざすときほど怖い物はないです。

いっそう都知事をロボットにするとかどうですかね?
posted by 柚木郁人 at 12:27| Comment(0) | 東京漫録

2016年05月19日

本屋が消える

ヨドバシカメラ秋葉原店の本屋が縮小したのにも驚きましたが、昨日、新小岩南口にある平和堂という大きな本屋が潰れていることに気がつきました。
平和堂は二階まで本屋があり、かなりの売り場面積を持っていました。
何より、マドンナメイトの新刊が平積みになっている貴重な本屋でした。

私が新小岩にきてから、知っているだけで三軒も本屋が潰れてしったことになります。
東京でこれなのですから、田舎だと個人経営の本屋はもっと厳しいはずです。

本屋を活性化するために、私は本屋を利用しています。

どんな本を買ったら良いかわからない方は、とりあえず、↓の表紙の本を手にとってみてください。
お勧めします。

posted by 柚木郁人 at 12:55| Comment(3) | 東京漫録

2016年02月23日

築地本願寺

昨日、築地本願寺に行ってきました。

寺と名が付いていますが建築様式は古代インド様式です。
違和感しかありません。
カメラを持っていると警備員の人が「撮影フリーなのでどうぞ中へ」と誘ってくださいました。
まず、お香の匂いがきついと思いましたが、そんなの可愛い物でした。

・信者よりも多い警備員さん
・さらにそれよりも多い浮浪者さん
・二階の本殿の下にある病院を連想させる通路
・やたらとあるトイレ

写真を撮るのにこれほど面白い場所はそうそうありません。
4月上旬には花祭りもあるようなので、稚児さんを撮影しに行こうと思います。

東京で面白い場所を知っている方からの情報お待ちしております。
posted by 柚木郁人 at 11:06| Comment(0) | 東京漫録

2016年02月17日

新小岩駅

今日、新小岩駅で水色の服の清掃員が多くいた。
彼らの中心部には大きなビニールシートで覆われた何かがあった。

新小岩駅と聞いただけでピンとくる人もいるだろう。
予想通り自殺だった。

数年前の夏から新小岩駅は自殺の名所になってしまった。
色々と対策を取っているのは知っているけれど、もっとも有効な方法としてホームドア設置を願いたい。

JRに問いたい……人命ってそんなに安いの?
posted by 柚木郁人 at 19:56| Comment(0) | 東京漫録

2015年06月27日

猫に話しかける

「うちの子になるかい?」
と猫に話しかけるが、睨まれたり逃げられたりする。
奥ゆかしい子たちばかりだなぁ。



(T_T)
posted by 柚木郁人 at 23:08| Comment(0) | 東京漫録

2015年06月24日

暑すぎる

パキスタンは熱波によって700人ほど亡くなっているようです。
しかも、断食と重なったために被害が拡大したようです。

日中の気温、45℃……
尋常じゃありません。

今日の東京が暑いと言っても、30℃前後だと思います。
45℃なんて生きていけないよ。
posted by 柚木郁人 at 16:50| Comment(0) | 東京漫録

2015年05月30日

地震

さきほど、不気味な横揺れ地震があった。
火山が噴火したり、地震が頻発したり、何がくるねん。
posted by 柚木郁人 at 20:59| Comment(3) | 東京漫録

2015年05月23日

聖地・竹むら

http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13000342/
竹むら

東京に来たとき、初めて連れて行ってもらった甘味処です。
老舗で美味しいので、年に1,2度くらい行っています。
しかし、去年いったとき、客層が変わっていることに驚きました。
以前は、高齢者とか女性ばかりだったのに、去年は二人組の若い男とかいて、あれ? こんな店だっけ?
と疑問を抱いたものです。
ただ、ラブライブの主人公の家のモデルだと知り納得しました。

そして、今回の客層は昔ながらの感じでした。
熱しやすく冷めやすいのかなぁと思いながら、食べ終わって外に出ると、竹むらの外観を写メとっている青年がいるんですよね。
すると、その青年が話しかけてくるわけです。
話を要約すると、竹むらに入りたいんだけど、老舗っぽくて、自分のような人間が入っても大丈夫なのでしょうか? という可愛らしいものでした。
私はそのとき、私に声をかける勇気があるなら、入れるよ。と思ったものです。


しかしッ!


よくよく考えると、彼はなぜ、私に声をかけてきたのでしょうか?
同族に見えたからではないでしょうか?
(-_-)
posted by 柚木郁人 at 17:18| Comment(0) | 東京漫録

2015年05月17日

ケバブはどこに?

最近、ケバブの記事を書いたと思います。
数年前からケバブ屋台が、夜になると新小岩駅北口にやってくるというやつです。

しかし、その記事を書いて数日後から、そのケバブ屋台を見ないのです。
ケバブを買おうと夜に数回行きましたが、いつもいません。

今日もいません。
どこに行ったんだよ。ケバブ屋台!
ケバブが食べたいよ!

秋葉原だと外で食べなくてはいけないから、口の端が汚れちゃうんだよ。
posted by 柚木郁人 at 22:28| Comment(0) | 東京漫録

2015年05月16日

今日、暑かったですねぇ

家の中のいると涼しいからわかりませんが、外に出るとむしむししてて、不快指数があがりますね。

まだ、クーラーを使うことはないですが、人によったらそろそろ使うんじゃないかなぁ?
店などに行くと、寒すぎるくらいに温度設定されてたりしますもの。

しかし、五月ってこんなに暑かったですか?
夏が怖いですよ。

posted by 柚木郁人 at 21:35| Comment(0) | 東京漫録

2015年05月09日

新小岩の北口

夜になると、新小岩駅の北口にケバブ屋が現れます。
3年くらい前から現れるようになったかなぁ?
最近、食べたんですよ。
ケバブうまいな。

初めて、マドンナの編集者にアキバに連れて行ってもらったときに、ケバブ食べましたけど、あれもうまかった。
それと同じ味がしましたよ。

それから、ケバブをなぜ食べてこなかったかというと、単純に外で食べるのがみっともなくてイヤだということです。
しかし、駅前のケバブを買って帰れば、家で食べられるのです。
これはいいね。すごくッ!
posted by 柚木郁人 at 12:55| Comment(0) | 東京漫録

2015年05月08日

GoogleCAR

今日、Google mapを作成する車を見た。
なぜ、わかったかというと、ボンネットにGoogle mapの拡大地図が描かれており、サイドにGoogle mapと書いてあったからだ。
細い道とかも撮影していたから、きっと軽自動車だと思っていたのに、普通車だったことに驚きました。

特にこれって言う御利益とかないですけど、なんかいいもん見たなぁって気持ちになりました。
posted by 柚木郁人 at 23:42| Comment(0) | 東京漫録

2015年04月12日

転倒

子供を乗せたママチャリが目の前で転げた。
ともに怪我はなかったようですが、危ないです。
自転車じゃなくて、三輪車みたいなのに乗れば良いのにと思います。

ちなみに違法ですけどね。
それを平然と打っている自転車ってどうなんでしょう。
まぁ、正確には席が二つある自転車の違法性は、都道府県の条例によって決まるので、違法とは言えない場合もあります。
posted by 柚木郁人 at 15:49| Comment(0) | 東京漫録

2015年03月30日

桜も満開

アパートの前の桜並木も満開になりましたねぇ。
咲き始めるとあっという間でした。

私にとって桜と蘭が、もっとも心に残る花です。
国花みたいに私花を選ぶことができるなら、だんぜん桜ですねぇ。

最近、ピエタという本を読んでます。
ヴィヴァルディに指導を受けた孤児たちの物語です。
ヴィヴァルディの訃報から物語がはじまりますが、ヴィヴァルディがまるで生きているように、登場人物たちの心に息づいてます。

ヴェネツィア共和国に桜などないのに、『四季』を聞くと、日本でも春を感じるのがすごいです。
本物は場所も、時も超えていくのですね。

行間から季節の匂いがするような小説を書きたいですわ。
posted by 柚木郁人 at 11:22| Comment(0) | 東京漫録

2015年03月19日

市川橋

カテゴリは東京だけど、市川橋の管轄は千葉なのかな?
タイトルの市川橋とは小岩と市川を隔てている江戸川に架かっている橋の名前です。
偶然、昨日の夕方、そこを通っていたのですが、救急車、消防車、パトカーが尋常じゃないほどいました。
しかも、両岸にです。
江戸川には消防車か警察が管理しているであろう小型船が横断しています。
明らかに何かがあったのでしょう。

橋の歩行者道路の区域も人が多く、私も立ち止まったのですが、立ち止まると、車が通るたびに橋が揺れるんですよね。
まぁ、壊れないように意図的にそう作られているのですが、正直、東北大震災以降、かなり揺れに敏感になっている私にとってはなかなかきついものがありました。
本当はとどまって、警察や野次馬たちを観察すると色々と小説の勉強になるのでしょう。
応援できているはずなの警察官や消防士でも、全員が全員、働くわけではなく、所在なげにしている人もいます。
そして、野次馬の方たちに「何があったんですか?」と尋ねても、漠然とした答えしか返ってきません。それでも、陽が沈もうとする現場を見つめているんですよ。

市川橋を渡りきるときに救急車が一台、小岩方面に走って行きました。
無事であることを祈ります。
posted by 柚木郁人 at 10:38| Comment(0) | 東京漫録

2015年03月01日

クロネコヤマトさんごめんなさい

私、すっかり忘れていました。
今日、朝から用事があったんです。
それなのに、午前中に再配達希望を出してしまい、当然の如く留守にしてすみませんでした。
そのくせ、さらに20時から21時に配達してくれと指定してしまいすみませんです。

本当に申し訳ないです。
posted by 柚木郁人 at 19:06| Comment(3) | 東京漫録

2015年01月19日

髪を切ってきました

私は美容院に三ヶ月おきでしか行かないのですが、髪を切ってもらった直後は来月も行こうと思うんですよね。
でも、けっきょく放置してしまうんですよ。

これは私のクセなので、直していきたいです。

美容院に通うこと以外のことでも言えることですからね。
自分を変えないと世界は変わらないと思いますので、今年は自分を変えていきたいです。



mixiで草凪さんの『歯止めがきかぬ夜がくる』の記事がありました。
あの方を唸らせるとはさすがだと思いました。ですよね。むつきさん!

草凪さんのブログにはブルマの記事がありました。
http://kusanagi2007.sakura.ne.jp/index.php?日記%2F2015-01-18
私を想いながら抜いてくださるなんて、次回どんな顔をして会えばいいのでしょうか(*^_^*)
posted by 柚木郁人 at 15:34| Comment(2) | 東京漫録

2015年01月03日

ソラマチ

150103 (2).jpg

ソラマチに12月30日に行きました。
人の多さに面食らいました。年末年始は帰省とかで東京にあまり人がいないはずなのに、なんでこんなに集まっているのだよ。暇人め。
と、自分のことを棚に上げて思いました。

ソラマチと言えば、私の好きなオニツカタイガーがあります。
150103 (4).jpg 150103 (3).jpg
以前の私ならローズのやつを買っていたでしょう。
しかし、前回、黒色の靴を探しながら赤色の靴を買ってしまったので、今回は黒を購入しました。

さて、なかば衝動的に買ってしまったのですが、本当の目的は靴ではありません。
私が行きたかったイベントのほうは、入場規制により2時間待ちとかでしたので、その日は諦めて帰りました。



そして、1月2日に行きましたよ。
150103 (5).jpg
なかよし60周年 『さくら展』
生原稿の数々……マジで感動しました。
さくらはすごく線が細く描かれているのに、しっかりしているんですよ。
そして、気づいたのは客層の変化です。私が大学生の頃にあった『さくらフェス』では、大きなお友達(私のような方々)と親子連れの幼女ばかりだったのですが、今回は2、30代の女性が八割を占めていました。
男性客もいましたが、カップルが半数くらいで、残りの半数は私のような方々でした。

イラストを見ながら、女性客が昔を思い出して、さくらのことをいろいろと語るわけですよ。
作品がどれだけ愛されているかビシビシと伝わってきました。
ホントね。
そんな作品を残したいと強く思いましたよ。


追伸
150103 (1).jpg
入場券は二種類あって、普通の入場券1000円強、グッズ付き入場券3300円くらいだったのですが、思わずグッズ付きを買ってしまいました。
展示の最後に物販スペースがあったんですが、複製原稿とかヤバかったですね。
私が大学生の頃なら間違いなく買っていましたね。
やべーと思って物販スペースからはすぐに出ました。
posted by 柚木郁人 at 23:01| Comment(0) | 東京漫録

2014年12月21日

身勝手

昨日、執筆に行く途中、警察がたくさんいました。
家から出て三分ほど歩いたところにある信号の付近です。二車線ある道の片方を通行止めにしていました。
靴がかなり離れたところに一つ転がっており、人身事故だと思いました。
しかし、救急車もいないし、負傷者もすでにいなかったのです。何より、少し離れたところで加害者と思われる男が警察に囲まれた状態で叫んでいたんですよね。それに対して、警察が殺気だったところが見られず、大事件にはならなかったのかと胸を撫で下ろしました。

しかし、帰ってからニュースを見ると、

東京都葛飾区西新小岩で12月20日、パトカーに追われていた車が女子大生をはねて死亡させる事故が起きました。
この死亡事故で警視庁葛飾署は、車を運転していた自称葛飾区西水元に住む会社員・石原雅也容疑者(22)を、過失運転傷害の容疑で現行犯逮捕。石原雅也=いしはら まさや
発表によると石原雅也容疑者は12月20日午前9時25分ころ、葛飾区西新小岩の都道でパトカーから逃走していたところ、横断歩道を渡っていた女子大生をひいたということです。
女子大生は病院へ運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
亡くなったのは、千葉県市原市八幡に住む私立大学生・石井佑実さん(21)。石井佑実=いしい ゆみ
葛飾署によると、JR新小岩駅前で右折禁止の場所を右折する車を発見、停止するよう求めたものの逃走したため、サイレンを鳴らして追跡中だったといいます。
その後、約450m離れた葛飾区西新小岩の蔵前橋通りで石井佑実さんが横断歩道を渡っていたところに、石原雅也容疑者の運転する車が信号無視をして突っ込んだとのこと。
石原雅也容疑者は酒を飲んで運転していたことも判明し、葛飾署は危険運転致死容疑の適用も視野に捜査を進めています。


ひとりの命が奪われていました。
posted by 柚木郁人 at 10:38| Comment(0) | 東京漫録

2014年12月17日

寒いっすわ

寒波の影響で昨日から寒いです。
ただ、今日の日差しは温かいですね。
朝から洗濯機を二回まわしました。

今日も風が強いなぁ。


1412b.jpg
今年もあと十数日です。
早いもんですわ。
posted by 柚木郁人 at 10:22| Comment(0) | 東京漫録